白目をきれいに
2017年09月12日 (火) | Edit |
-実力店-





らーめん七福人の中にある『明昌飯店』。

他の店に行きたがっている妻を、「楽車」からだましだまし引っ張っていくことに(笑





焼餃子2人前。

明昌飯店 餃子

キャベツ主体であっさりと旨いですね。

つけだれのラー油も適度。

明昌飯店 餃子タレ





春巻。

明昌飯店 春巻

これ、皮の香ばしさが抜群!

中身の春雨も旨いし、ビールが手放せないではありませんか~





〆に汁なし担担麺。

明昌飯店 汁なし担々麺

青ねぎとひき肉で麺が覆われていて、とても具沢山。

山椒の香りは強く、八角の香りも時折。

たれはゴマペーストがメイン。

まったりとしていながらも、スープの旨味や山椒の痺れ、ほんのりとした甘さが感じられます。

唐辛子系の辛さは大したことないかな。

食べ飽きない部類の汁なし担担麺で、軽めに感じられた食後感。

これ、なかなか旨いですよ。





あ、写真には無いですが、デザートとして食べたゴマ団子も抜群に旨かったことを添えておきたいと思います。





今度は複数人で1軒目に訪れて、がっつりいってみましょう。

ごちそうさまでした!!!

(2017.7)



■明昌飯店の訪問記
明昌飯店(2013.10)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年09月11日 (月) | Edit |
-記憶と違う串-





7年半ぶりに訪れた『楽車(だんじり)』。

楽車 外観





串焼を中心にあれやこれやと食べましたけど、ひとつ記憶と違うことが。

誠に失礼ながら、串焼、結構旨いんですね(苦笑

お酒の揃いはピカイチ、味はまずまず。

そんな記憶でしたが、どれを食べても旨いではありませんか~





牛タン。

楽車 タン

タンらしい旨味と香りが強くて旨い!





砂ずり。

楽車 ずり

これも、風味が強くて旨い。





皮、せせりも旨い。





白肉はさっくりと、とり肝はこっくりと。

楽車 白肉

楽車 とり肝





香りがいいタコ。

楽車 タコ

柔らかいタレ焼きホルモン。

楽車 ホルモン





一方の日本酒は、会津娘の無為信(むいしん)と奈良県の櫛羅(くじら)をいただいてみました。

櫛羅は初めてだったので、どんなお酒かいなと調べてみると、なんと篠峯を醸す千代酒造のお酒とのこと。

蔵の所在地「奈良県御所市櫛羅」に由来するんだそうです。

知らんかった~

なお、無為信はすっきり軽やか、櫛羅は無濾過生原酒的なコクと風味が感じられました。





また折りを見て訪れたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.7)



■楽車の訪問記
楽車(2010.10)
楽車2(2011.3)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年09月09日 (土) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十三弾です。





千代の笹@島根県邑智郡川本町

千代の笹 看板

島根県の酒蔵巡りの最中に見つけた看板。

「千代の笹」という文字に見覚えがあったので、とりあえず写真に収めておきました。

帰宅して調べてみると、賀茂泉酒造備後支店(備後酒造)の銘柄だったことが判明。

広島県境から離れた島根の山間部でなぜ?という疑問は残るものの、大ファインプレーにニンマリとしております(笑






上久保豊酒造場@安芸太田町加計町

旭鶴 看板

加計町に看板があるとの情報をキャッチし、撮影に行ってきました。

何という物好きなんでしょうか(笑

看板を見ると、可部で旭鶴という酒を造っていたことが分かります。

蔵の跡地にはレオパレスが建っており、小さな立て札に「旭鶴 上久保酒造地跡」と記載が。

いつ頃の創廃業で、どんな酒だったのか、ご存知の方がいらっしゃればお教えください。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。









2017年09月08日 (金) | Edit |
-空気は大事-





その存在は知りつつ、気にはなっていたものの、訪問を後回しにしていた『アダモ』。

アダモ 外観2

ウォンツ光町店の向かい側にあるお店でして、テント屋根は黄色のお好み焼きと茶色のカフェの2種類。

アダモ 外観

店頭のショーケースにはカツ丼などのサンプルが並び、入口前には手書きのメニューも確認できます。

アダモ メニュー





店内は薄暗く、古いとは少し違う佇まい。

そして、好みが分かれる空気感。

アダモ 店内

天井付近に張り出された短冊メニューを見ると、お好み焼きや焼きそば(うどん)のバリエーションが多いのが特徴のように感じました。





注文したのは、日替りランチ。

メインは豚の生姜焼きとホッケの塩焼きだったので、ホッケで。

アダモ ランチ

出てきたランチは、メイン・小鉢・ご飯・吸い物・漬物という内容です。





メインのホッケは醤油を掛けて。

添えられたサニーレタスのサラダは、ゴマドレにて。

小鉢の煮物は薄味ながらもまずまずの旨さでしたが、その他はもう一歩という感じでした。





ここはお好み焼きや焼そば(うどん)のほうが良いのかもしれません。

次回があれば食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!

(2017.7)



■お店のデータ
アダモ
広島市東区光町2-6-18
0822631933
11:30~14:30
17:30~21:00
定休日:日曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年09月07日 (木) | Edit |
-シンプルだけど-





梅雨明けのうだるような暑さに負け、近場の『本州一』へ。

こう暑いと、遠くにいく気が起きませんよねぇ(苦笑






そいや、ワンタン麺を食べたことなかったよねと思い。

本州一 ワンタン麺

大きな丼に、たっぷりのスープ。

中で麺が泳いでいるのが分かります(笑

具材は、もやし・チャーシュー・ワンタン。

透明度のあるスープは炒飯に付いてくるのと共用で、少し油を浮かせた感じでしょうか。

淡いようで淡くなく、課長さんと生姜がそれなりに効いているシンプルなスープです。





麺は黄色い縮れ麺を少し固めで。

本州一 ワンタン麺 麺





メインのワンタンは、トゥルンとした皮・お酒のニュアンスが強いあん。

5~6個も入っていて、650円ならお値打ちではないでしょうか。

豚ロースを使ったチャーシューも食べ応えあり。





次回は何食べようかな~

ごちそうさまでした!!

(2017.7)



■本州一の訪問記
本州一(2010.6)
本州一2(2011.3)
本州一3(2012.8)
本州一4(2016.4)
本州一5(2016.10)
本州一6(2016.12)
本州一7(2017.4)
本州一8(2017.7)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。