白目をきれいに
2017年05月13日 (土) | Edit |
■今月のお酒
蒼斗七星 特別純米65
音戸の瀬戸 イエローラベル
而今 純米吟醸
丹山 しぼったそのまま 純米原酒





最近つくづく思うんですけど、飲む順番(淡い酒から濃い酒へみたいな)や食べ物との相性(マリアージュ)って、僕には縁遠いなと。

飲みたい酒から飲むし、食べたいものから食べるし、順番や相性考えなくても美味しくいただけるんですよ。

これは、単なるバカジタということなんでしょうか。

それとも、随分スレテシマッタということなんでしょうか(笑



さて、今月の一本は音戸の瀬戸でしょう。

蔵の直営店で聞いた話では、廃業が決まっていて、酒は在庫限り。

多分、この一本が僕にとっても最後の音戸の瀬戸。

しんみり飲むと、普通酒でも旨いものです。





(評価は、なし~★★★★★。個人の好みで評点をつけています)





蒼斗七星 特別純米65 ★★★
醸造元:青砥酒造(島根県)

蒼斗七星 瓶

我が家の大好物、蒼斗七星。

杜氏が変わってから飲むのは初めてです。

どんな感じなのか、ちょっとドキドキしながらひえひえを開栓してみました。



蒼斗七星 ラベル

旨いうすにごりの香り。

和菓子のような甘さと強めのコク。

以前と比べると、香りは同系統で味が濃い印象です。

原酒らしい強さを感じないのは、今までどおり。

味が濃い目なのでロックで飲んでみると、丁度いい濃さになりました。



これならまた買ってもいいね、なんて会話を妻としつつ、夜更けまで飲み続けましたとさ。

蒼斗七星 裏





音戸の瀬戸 イエローラベル ★★
醸造元:藤岡酒造店(呉市)

音戸の瀬戸 瓶

友人から良からぬ話を聞き、この酒を買いに行ったところ、造りも販売もやめるとのこと。

これが最後の音戸の瀬戸かなぁ。

そんな思いを抱きつつ、普通酒のイエローラベルを購入。

閉店セールと言うことで、一升瓶が900円くらいでした。



音戸の瀬戸 ラベル右

常温保管から開栓してみると、香りはほとんどなし。

含むとピリッとした辛さがありますけど、後から甘さに包まれます。

アルコール度数13度台ということもあり、予想通り加水感は強めです。



開栓1ヵ月後。

甘さが減り、飲みやすさが増してきました。

やや苦味はあるもののボディもありますね。

開栓2ヵ月後には、ライトな酒質に。

甘さが消え、スイスイ飲めるようになりました。

音戸の瀬戸 ラベル左





而今 純米吟醸 ★★★
醸造元:木屋正酒造(三重県)

而今 瓶

酒商山田@蔦屋家電に行くと、オープン記念なんでしょうか、お一人様1本限りで而今が売られていました。

このお酒、妻の大好物なので、スルーするわけには参りません。

自宅で飲むのは5年振りの而今。

冷蔵庫から出したてを開栓いたしました。



而今 たすき

山田錦らしい香り。

含みはつるんととろんとしていて、低音域の旨味にシトラス系の酸味。

濃く、甘く、酸がありますね。

変に華やかでジューシーよりも、このくらい落ち着いてるほうが好きかな。



春の常温に近づいても、くどくなることはなく、最後まで快適に飲むことができました。

而今 裏ラベル





丹山 しぼったそのまま 純米原酒 ★★★
醸造元:丹山酒造(京都府)

丹山 瓶

今月もお酒をいただいてしまいました。

ありがとうございます。

このお酒は、京都市の西:亀岡市にある蔵で、135年も続いているんだそうです。

広島では見かけないこのお酒、どんな感じなんでしょうか。

冷蔵庫から出したてを開栓してみました。



丹山 ラベル

香りはそんなに強くなく、甘さを意識するフレーバー。

含むと、香りと同じトーンの甘さが。

酸味や辛さ渋みがあるので、甘さを切ってくれる感じです。



転がしてみると、酸味がズイッと前に出てきて、明確な甘酸っぱさが。

おぉ、なかなかいいじゃん。

春の常温になると辛さが前に出てきますが、とろみも出てきて甘旨な感じに。



コクのあるキレイなお酒でしたよ。

ごちそうさまでした。

丹山 裏ラベル




その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年04月29日 (土) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董品屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十一弾です。





満潮@呉市本通

満潮 看板

呉市中心部にあるジンギスカンの名店「関白」にその名を見つけたので、撮影。満潮は呉市中央にあった佐藤酒造のお酒で創業は昭和37年と比較的新しい蔵でした。グーグルマップで所在地を確認すると、最近廃業した大内山酒造の向かい側にあったみたい。満潮は、とっくりや灰皿では見たことがありますが、お酒自体には出会ったことはありません。





千恵盛@呉市本通

千恵盛 看板

「関白」の少し先にある「自由軒」にて撮影。千恵盛は呉市警固屋にあった水野商店のお酒で、すぐ近くには白天龍酒造場があります。創業・廃業の時期など、詳しいことは分かりませんが江戸時代末期創業という情報もあり。ちなみに、すぐ近くには水野醤油醸造場というのがありますし、白天龍酒造場の蔵元も水野さんというそうです。たまたま水野姓が多いんでしょうかね。





良い看板に出会えたら記事をアップいたしますので、しばしお待ちください。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年04月23日 (日) | Edit |
■今月のお酒
弥山 純米吟醸無濾過原酒
六郎次 純米吟醸生酒
刈穂 純米生原酒
天の戸 氷晶 純米吟醸うすにごり




3月は4本のレビュー。

本数は多くありませんが、なかなかの粒ぞろいでした。

中でも、良さを再認識したのは弥山。

ここ何年か注目している蔵でして、徐々に旨くなっているように感じました。





(評価は、なし~★★★★★。個人の好みで評点をつけています。)





弥山 純米吟醸 無濾過原酒 ★★★
醸造元:中国醸造(廿日市市)

弥山 瓶

久々の弥山はいただき物。

何だか毎月のようにお酒もらってるなぁ。

ホント、ありがとうございます(笑



弥山はいつも冷やして飲むんですけど、たまにはねと思い、常温保管から開栓してみました。

弥山 ラベル



瓶口からは華やかそうな香りが。

ぐい呑みに注いでみても華やかに香りますが、含んでみると案外香りは強くありません。

最近の雨後の月にも似たバランスのよさを感じるお酒でして、これ、なかなか旨いなぁ。

開栓から数日経っても、そのバランスは崩れませんでした。

弥山 裏





六郎次 純米吟醸 生酒 ★★★
醸造元:栃倉酒造(新潟県)

六郎次 瓶

近所の石川酒店で見つけて、ジャケ買いしたお酒。

六郎次という名前が珍しいなと思い調べて見ると、杜氏の郷六郎次氏(故人)にちなんでいるとのこと。



何となく、気合を感じるこのお酒。

とりあえず飲んでみましょ。

六郎次 ラベル2



濃いそうな香り。

含むと、とろんと丸くて、そこそこボディあり。

新潟のお酒なのでスレンダーかと思いきや、「脱いだら凄いんです(古っ)」な印象です。

旨味が余韻として長く残るのも、ちょっと意外な感じ。

「たかちよ」を飲んだときも同じ印象を抱きましたが、なかなかいい酒じゃありませんか。

六郎次 ラベル





刈穂 純米生原酒 ★★★
醸造元:秋田清酒(秋田県)

刈穂 瓶

こちらも石川酒店で。

蔵付自然酵母仕込&沈殿したおりに惹かれての購入です。

さてさて、どんな感じなんでしょうか。

冷蔵庫から出したてを開栓です。



刈穂 たすき

香りは穏やか。

含むと、旨味がじわっと一定量溶け出すような進捗具合で、余韻に至るまで一定の旨味が感じられます。

最後に感じる少しの渋みがアクセントでしょうか。

見た目では薄にごりなんですけど、おりによる支配感が強いのが特徴。



転がすと、ジューシーなボディに、生もとらしくないキュートな酸味。

グッとコクのある薄にごりでして、旨いうまいとあっという間になくなりましたとさ(笑

刈穂 ラベル





天の戸 氷晶 純米吟醸うすにごり ★★★
醸造元:浅舞酒造(秋田県)

天の戸 氷晶 瓶

うすにごり好きな、妻のイチオシに従い購入。

ラベルに書かれたダイヤモンドダストとは、細かい氷晶のことらしく。

ダイヤモンドダストと聞くと聖闘士星矢を思い出すのは、年代のせいなんでしょうか(笑

米は、東北電力開発米の「星あかり」を採用。

調べてみると、「初星(こちらは食米)」と「美山錦」の交配から出来たお米なんですって。



さてさて、どんな感じなんでしょうか。

冷蔵庫から出したてを開栓してみました。

天の戸 氷晶 ラベル

おりを感じる香り。

含むとトロンとした口当たりで、おりが絡んだコク、ピリ辛。

後からぺタッとした甘さが口直し的に。

発泡感はなく、酸味はそんなに目立ちません。



白麹使用・瓶内二次発酵のシルキーとは、また別物のにごり酒。

飲んでいると、まったり落ち着いた気分になるのがいいですね。

天の戸 氷晶 ラベル横





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2017年03月05日 (日) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十弾をお届けいたします。





玉扇@安佐南区伴中央

玉扇の看板

アストラムライン伴中央駅近くで、前から存在を知っていた看板。安佐南区では時折出会います。玉扇は安佐北区久地にあった玉扇酒造のお酒でして、2013年に破産しました。2010年頃に蔵に直接確認したところ、すでに日本酒は造っておらず。僕自身も飲んだことがありません。どこかに眠ってないですかねぇ。





ほうえいづる@中区弥生町

ほうえいづる 看板

西平塚でお好み焼きを食べて勤務先に戻る際に見つけた看板。ほうえいづるは、大竹にあった田熊酒造の銘柄でして、縁があって円通というお酒を数年前に飲むことが出来ました。こほうえいづるなよ看板は、己斐本町の居酒屋のテント屋根でも見かけた事がありますが、すでに撤去済み。この写真も営業していないお店の看板を撮りましたので、寂しいことではありますが、取り壊されたらなくなってしまうんでしょう。





良い看板に出会えたら、またアップいたします。





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。






2017年02月18日 (土) | Edit |
■今月のお酒

城陽 純米吟醸





このシリーズ始まって以来、初めての0本になるかと思いきや、滑り込みセーフで1本空きました。

危ない危ない(苦笑

二本続けてイマイチなお酒を開栓してしまい、杯が進まなかったことが大きな理由なんですよねぇ。

そして最近の僕には珍しく、月に3回も飲みに出てしまいましたし。




とは言え、1本だけでは読み応えがありませんので、開栓済で空になるのを待ってるお酒もご紹介させていただきますね。





(評価は、なし~★★★★★。個人の好みで評価しています)





城陽 純米吟醸 五百万石 ★★★
醸造元:城陽酒造(京都府)

城陽 瓶

友人からもらった京都のお酒。

迎春の金文字とラベルの色が新春をあらわしていて、なかなか素敵ではありませんか。

飲む前から期待感が高まる、その佇まい。

さてさて、どんな感じだったんでしょうか。





冷蔵庫できりっと冷やしてから開栓してみました。

城陽 ラベル

米のコクと酸を感じる立ち香。

含むと、口当たりは柔らかく雑味のない米の旨味、裏に隠れている酸がちらほらと。

苦味はやや強めですが、それが心地良く、なかなか旨い酒だと思います。





この日は、鶏皮ポン酢・炙った油揚げ・鶏わさ等と合わせてみましたが、なかなかの相性を見せてくれました。

城陽 裏ラベル






開栓済みのお酒たち


■笑四季さようなら上撰記念酒(2015年3月開栓)

開栓当初は甘口で燗が良さそうな印象。今はどうなっているのかな(笑

笑四季 上撰さよなら





■笑四季モンスーン山田錦(2017年1月開栓)

強烈なセメダイン臭、なかなか飲む気が起きません。。。

笑四季 モンスーン





■順子 雄町袋吊り(2016年12月開栓)

買う時に店のご店主からは注意されていましたが、飲んで納得。何だか、石鹸のような香りが。こちらもなかなか進みません(苦笑

順子雄町





■白鴻 上等酒(2016年10月開栓)

安浦のゆめマートで購入。まったりと飲んでみようと思い、開栓後は常温放置しております。

白鴻 上等酒 ラベル





■天井川長期熟成酒(2016年12月開栓)

滋賀県で買って帰ったお酒。開栓後は冷蔵庫保管しております。

天井川古酒





■賀茂泉立春朝搾り(2015年2月開栓)

立春朝搾りは毎年購入するので、年に一口だけ飲んで違いを楽しんでおります。カラメル感が出て来ていて、良い感じに熟してるのかも。

賀茂泉立春朝搾り27年





果てさて、これらのお酒はいつ飲み干すのやら(笑





(了)



その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。