白目をきれいに
2012年12月02日 (日) | Edit |
外出先から社に戻る時に見つけたお好み焼店『よっくん』。

いままでに100回以上はこの道を通っていて、飲食店は目ざとくチェックしているつもりでも、見落としがあるんですねぇ。

お店の場所を覚えておいて、後日の昼食で訪れてみましたよ。



場所は、三井ガーデンホテルの北側。

和食の「田心」と同じ通りにあり、イタリア料理店「ラ・ムージィカ」に隣接するビルの2階です。





階段の入口にはこんな標識が。



福岡市のラーメン店「元気一杯!!」は、入口横のエアコン室外機上にバケツが出ていれば営業していると言われております。

そこまでではないものの、入り口が2階にありますのでこの小さな表示だけでは営業中かどうか分かり難く感じました。



店内は左右に細長く、右手には道路に面した窓がありテーブル席がズラリ。左手には鉄板席が。

入店時にはテーブル席を勧められましたが、鉄板前を希望して、そっちに着席。



お店の切り盛りは男女3名で。

焼き手の男性と調理補助の女性、接客メインと思われる男性という布陣。この3人が鉄板付近に固まっているので、結構な人口密度ですよ(笑)。



さて注文したのは、肉玉そば700円。

粘度の高い生地を大きめに丸く伸ばし、魚粉、キャベツ、天かす、もやし、豚バラ、豚の脂身、つなぎと来たら反転させます。



印象的だったのは、キャベツの量。体格の良い男性の大きな手でキャベツをわしづかみにして盛りますので、必然的に量が多くなります。

これだけ盛ってくれたら嬉しくなりますねぇ。

そして頂点にはラードではなく、豚バラブロックから切り出したと思われる薄い脂身部分をお使いになった事もなかなか珍しく印象的でした。



麺は生麺で、茹で上がったら鉄板の上に丸く整形してじっくりと火を通していきます。調味料で軽く下味をつけるものの、ラードや出汁を指す事はしませんでした。

仕上げの卵はしっかり目に火を通し、反転後にソースと青海苔等で完成。





食べてみると、そばはムニュッとした食感を残して表面に焼き目を付けた程度の焼き方。カリッポリッというスナックのような食感はご店主が好みではないんだそうです。

そして油の使用を極力控えられたせいか、軽いテイストのお好み焼に仕上がっています。



食べている最中に他のお客の肉玉うどんの調理過程を見ていましたら、何とも珍しく、平打ちのうどんを茹でて使ってらっしゃるではありませんか。

そばには「いそのの生麺」を使うお店でも、うどんが袋麺であることがほとんどの中、これは珍しい!

ご店主にお話を伺ったところ、そばに比べてうどんは出ないのでこだわり難い事。その中でも、舟入のかっくんで修行したお店はこの平打ちうどんを使っていると言う事でした。

ちょっと気になるうどんですので、次回は肉玉うどんを食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2012.10)

※食べ方(切り方)が綺麗だと褒められて嬉しかったです(笑)。


■お店のデータ
よっくん
広島市中区中町1-13-2
082247862
111:30~14:00
18:00~23:00
定休日:日祝


■よっくんの訪問記
よっくん2(2013.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
食べ方、こらは生意気に聞こえるかもしれませんが、とても重要なことだと思います。見た目はよくても食べ始めから最後まで、人柄が出ているように思います。茶道のように礼に始まり礼に終わる、頂ける心を意識を持って行動できる人は、見ているだけでうれしくなります。
きっとお店の方は、嬉しかったのだと思います。
2012/12/02(Sun) 19:40 | URL  | だいちぱぱ #2kcZhwMs[ 編集]
だいちぱぱさんへ
礼に始まり、礼に終わる。
理想的ではありますが、僕の場合はお酒が入り過ぎて、しばしば礼を逸する事があります(苦笑)。

お好み焼きは、広島人としては綺麗に食べられないと駄目だろうと思い、練習した成果でしょうか。
余り褒められる事がないので嬉しく思い、つい書いてしまいました(苦笑)。


2012/12/02(Sun) 22:14 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック