白目をきれいに
2010年04月29日 (木) | Edit |
昨晩、小雨降るマツダスタジアムでカープの敗戦を見届けた後、腹ごなしに訪れた2店のご紹介を。

まずは広島東郵便局西隣、高架下の串焼き店「鳥亭」です。

カウンターのみ10席という小さなお店。飛び込みで入りました。

店員は男性2名。

あしらいの上手い若い男性と寡黙な作業っ振りが印象的な年配の男性のコンビです。

顔が似ているので親子かもしれません。



付出しは温泉卵。

ツユが少し甘く仕上げられていますね。そこそこの味です。

串は100円からとお安めの価格設定。

注文した中ではえび串150円とカルビ150円が旨かったです。

2010042822340000.jpg

2010042822370000.jpg
↑左からかもつくね、豚バラ、カルビ

えびはやや甘めのタレで焼かれており、殻付で頭は無し。

ぱりぱりの食感が心地よく尻尾までいただくことが出来ました。

カルビは塩で味付け。これは素直に旨かったです。

その他、野菜の串などなどを注文しましたが値段相応かなという印象です。

その中にはタレ焼きのものもありました。甘さは控えめのタレで悪くはないです。



少ししか食べませんでしたので汁物を食べたいと思い、「二代目もんごい駅前店」へ。

が、店外の行列を見てUターン。



すぐ近くの「上海」というお店に入ってみました。

2010042823060000.jpg

こちらもカウンター席のみで10席ほど。

男女お二人で店の切り盛りをされているようです。

接客はドライな感じ。僕は気にしませんが、もう少し愛想が欲しいと思う人もいるかもしれませんね。



中華そば550円を注文。

2010042822570000.jpg

具材は定番のチャーシュー、細もやし、メンマ、刻んだ青ネギ。

麺は中くらいの太さでストレート麺です。



強い豚骨臭がスープから立ち上がってきますが、豚骨はさほど感じません。

野菜と思われる甘みと元ダレの醤油の味が強いですが突出はしていません。

少しクリーミーです。

古きよき広島ラーメンというのがしっくり来る表現でしょうか。



しかしこのお店、中区八丁堀の「上海総本店」と印象が重なります。

ご店主の頭の具合も似ているし店名にも「上海」が付いていますし。

共通点が多いのではと思います。

2010042822580000.jpg



チャーシューは何で?と言うくらい塩辛いですね。難点はこれくらいでしょうか。

深夜に食べる昔ながらの中華そば。こういうのも悪くないです。

ごちそうさまでした!



普段なら夜に訪れる事のない広島駅近辺。こうした探索も野球観戦の楽しみの一つだと思います。

※あ、駅前酒場松原ジョニーは店内改装のためしばらくお休みとの事でした。店頭の張り紙にて確認しました。

(2010.4)


■お店のデータ
鳥亭(とりてい)
広島市南区松原町9-2
0822633856
18~23時(LO 22時45分頃)
生ビール470円、ハイボール380円、かもつくね200円、しいたけ・白ネギ・ずり・皮・豚バラ100円、えび串・カルビ150円、おむすび(2個)330円、その他のメニューあり

上海(しゃんはい)
広島市南区松原町10-29
中華そば550円、その他大盛、チャーシューめん、餃子、ビールなどもあり


■上海の訪問記
上海2(2016.9)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック