2012年11月05日 (月) | Edit |
※閉店確認済。

中区紙屋町にある中国料理店『中国飯店』。

このお店は盛りがいい事でも知られており、他店の大盛サイズがここの普通サイズと言われておりました。

そしてつい2年前までは、盛りが良い料理のほかにサービスライスと称する茶碗一杯の白ご飯まで出てくる有様。

30代に突入してからはさすがにお断りしておりましたが、断った時の悲しげな表情は今でも忘れられません(笑)。



さてそんな『中国飯店』の経営が変わったのは2年ほど前。

現在ではランチセンターという会社が経営を引き継いでおります。



お店の場所は紙屋町交差点の東南側。

広銀本店やトランヴェールビルの裏で営業されています。



店内のレイアウトは以前と変わらないと思いますが、調度品や内装は新しくされたように感じました。



メニューです。



いつの間にやら中国飯店ダイニングという洋食部門ができていたんですねぇ。

しかも2階に。

知らんかった。。。



僕の注文はいつもの麻婆丼で、注文から1分ほどでの登場です。



やはり盛りは良く、味も以前とは大きく変わっていない様子。

本格的ではない食べやすい麻婆豆腐で、中国飯店の味だなぁとしみじみ感じました。

途中で卓上のラー油やXO醤らしきものを投入して味を変えながら完食。



あのロカビリーのお兄さんはもういらっしゃいませんが、以前と変わらない部分も有り、なぜかホッとした訪問でした。

ごちそうさまでした!!!

(2012.9)

※現在は閉店され、和長發(東北王から改名、移転オープン)というお店になっています。

■お店のデータ
中国飯店
広島市中区紙屋町1-4-26
0822470050
11~22時
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック