2012年11月01日 (木) | Edit |
※2016.1 大手町に移転を確認済

勤め先の朝礼当番はくじで決まる事になっていまして、当番の人は司会と1分間スピーチをする事になっています。

仕事と関係あること、全く関係ないこと。

色々な話が聞けて面白いんですが、中でもラーメン好きをカミングアウトした某氏のスピーチはなかなか印象に残っております。



そんな某氏にスススッと近づいてお勧めラーメン店を聞いてみたところ、某氏の口から出てきたのは『骨々亭』。

ここは2年ほど前に食べて、僕には合わないと評価したお店なのでちょっと驚いたんですが、よく聞いてみるとその頃とは少し違うラーメンを出しているとの事。

自家製の太麺。コッテリだけどあっさり飲めるスープで、とにかく癖になる。かなりの高評価で二郎の面影を感じるとのことでした。

そんな折、ツイッターでも似たような情報を得まして、ますます興味津々に。



で、行ってきましたよ。自転車カッ飛ばして(笑)。

入口脇の券売機で中華そば(こってり)とご飯の食券を購入。カウンター席の端に座り、女性店員に食券を渡してしばし待つ事に。

数分後に大き目の茶碗を渡されましたので、TVの下にあるご飯コーナーに向かいました。



そこには大きなご飯の保温器と6種類の漬物があり、食べ放題とのこと。漬物は梅干・高菜・ナス・広島菜・昆布など。

ご飯を軽くよそって、その上に漬物を3種類ほど乗せて自席へ。中華そばが出てくるまでの間、漬物とご飯で空腹のお腹を慰めてやりました。



漬物はいずれもなかなか旨く、ご飯にも満足。



3分の1ほど食べたところで、中華そばの登場です。



なかなか独特のビジュアルでして、丼の中央で山を作っているのは茹でたキャベツともやし。その周囲にチャーシューが大小合わせて3枚ほど配置され、脂と油が目立つスープが外周に控える形です。

2年前に食べたものは、中央に茹でたもやし、それを取り囲むように青ねぎ・チャーシュー・メンマが配置されていました。


※2年前の写真。写真ほどの差ではありませんが、スープの色も違っていたように思います。



ベースの豚骨自体はこってりと言うほどではありませんが、しっかりと旨味が抽出されておりかなりの好印象。

スープ表面の香味脂(鶏油?)と背脂でこってり感を追加しているんでしょうが、意外とスルスル飲めるスープです。



麺は太い自家製麺との情報。茹で加減はばっちりで、つるつるプリプリした麺は、これまたなかなかの旨さ。



以前のものは細めの平打ち麺と記録を残しておりました。


※2年前の写真



ジューシーなチャーシューも存在感があり、隙のない造りの一杯です。



以前に食べたのはこってりではなく普通でしたが、印象が全く違います。明らかに今回の方が旨いと感じました。

B級的な旨さ満載の一杯。そして、久しぶりに次の日にも食べたいと思わせてくれた一杯。

再訪意欲がむくむくと沸いて参りました(笑)。

次回は、汁なし担担麺や辛い中華そばを食べてようと思います。

ごちそうさまでした!!!!

(2012.8)


■骨々亭の訪問記
骨々亭(2010.11)
骨々亭3(2012.9)
骨々亭4(2016.1)
骨々亭5(2016.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
そんなに!!
おひさしぶりです。
めちゃめちゃ刺激をうけました。
近日中に、必ずや行かせていただきます。  はい!!
それでは、
ありがとうございます。
2012/11/01(Thu) 21:06 | URL  | だいちぱぱ #2kcZhwMs[ 編集]
だいちぱぱさんへ
いや、本当にB級に旨かったんですよ〜。

また食べたいなと思ってます!
2012/11/01(Thu) 22:28 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック