2012年10月12日 (金) | Edit |
宇部市「三井酒舗」から40分程で湯田温泉入り。

僕は湯田温泉には初めて行ったんですが、片側2~3車線のメイン道路沿いに中高層のホテルが立ち並んでおり、低層の旅館が軒を連ねている伝統的な温泉街をイメージしていましたので軽く驚きましたよ(苦笑)。

ま、メイン道路沿いしか見ていませんので、イメージ通りの風景が何処かにあったのかもしれませんが。。。



さて、目当ての原田酒舗は湯の町商店街の一角で営業されており、隣には中原中也記念館が、メイン道路挟んで向かい側には松田屋ホテルがあります。



1918年(大正7年)の創業で山口の地酒を多く扱う老舗酒販店。どんなお酒と出会えるのでしょうか。



お酒の陳列コーナーはとても狭く、外周部の3辺を占める冷蔵庫スペースを含めても約6メートル×5メートルほど。

焼酎や山口のワイン、洋酒ももちろんありますが、メインは日本酒。しかもその多くは山口県内の地酒です。





山口県内の日本酒の取扱銘柄は、獺祭・貴・東洋美人・五橋・雁木・原田・わかむすめ・長門峡・宝船・大嶺・日下無双・長陽福娘だったでしょうか。

県外蔵は、銀嶺立山・正雪・白牡丹・雨後の月・天狗舞・菊姫・春鹿・南・満寿泉など。



広島では買えない日本酒を探している旨をお伝えし、こちらから何種類か銘柄を指定して味に関する質問をさせていただきました。

割と若い男性でしたが、ご店主と思われる方で、分かりやすくソフトな説明が印象に残っております。



色々品定めをした結果、原田(周南市/はつもみぢ)・わかむすめ(山口市/新谷酒造)・宝船(萩市/中村酒造)(以上四合瓶)・大嶺(美祢市/大嶺酒造)・貴(宇部市/永山本家酒造場)(以上ワンカップ)の5種類を購入。

それぞれの味の詳細は別の記事に記しますが、抜群に旨いお酒あり、少し苦手な辛口酒あり、個性的なお酒たちに出会うことが出来て大満足でした。



通販でお取り寄せをすれば手間は省けるんでしょうが、これからも手間と時間を使って店頭や蔵元での日本酒購入を続けていく所存です。

デジタルな時代だからこそアナログな手法を大事にしたいじゃないですか。

※店内の看板。レトロです。




※店舗の駐車場は見つけられませんでしたが、商店街の共用駐車場がありましたのでそこに停めました。



こちらは時間内ならどこの区画でも駐車可能。夜間は地域の方が停めるらしく、駐車禁止となりますのでご注意を。

(2012.8)


■お店のデータ
原田酒舗
山口県山口市湯田温泉1-11-23
0839221500
9~23時
定休日:なし
公式サイトあり


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
湯田温泉に行かれたら、ぜひYCAMさんを訪れる事をお薦めしますよ〜
賛否両論ありますが、一度は体験しておく施設かな〜、と思っています。
2012/10/13(Sat) 02:06 | URL  | 増井 #1wIl0x2Y[ 編集]
増井さんへ
山口情報芸術センターですね!今、調べました(笑)。

旅程がゆっくりの時に行ってみます〜。
2012/10/13(Sat) 09:07 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック