2012年10月05日 (金) | Edit |
今年のお盆休みは、8月12日(日)~15日(水)。

例年と比べるとやや短めではありましたが、“2”よりも長い連休が取れるのはGWとお盆・年末年始ぐらい。

暦上でちょくちょくある3連休はほとんど出勤しておりますし、なかなか人遣いが荒い業界に身を置いたものです(苦笑)。



さて、ぼやきはこの位にしておいて、本題を。

お盆休み初日は墓参りへ。朝から暑い日でしたが、おかげで午前中の墓参りで汗だくになってしまいました。

午前の部が一段落着いたのが14時頃。塩分補給を兼ねて冷房が利いた中でラーメンをすするのも良いなと思い、最近になって24時間営業化した『廣島弐番』に再訪です。



初訪時には塩と味噌しかなかったはずのメニューに、新たなラインナップが加わっていました。



塩の別バージョン:こく旨塩や醤油ラーメン、油そばはグランドメニューに掲載。写真には収めておりませんが、冷やしラーメンも始められたみたいです。

塩にしようかなとも思いましたが、『廣島弐番』がどんな味噌ラーメンを出すのかが気になりましたので、旨辛味噌ラーメンの並を注文。

夕食までさほど時間がないにもかかわらず、ランチタイムのサービスライスまでお願いしてしまいましたよ(苦笑)。



出てきたラーメンはこんな感じです。



広島的味噌ラーメンとは少し違った見栄えで、スープの表面にうっすらと脂の層があるのと背脂が浮いているのが特徴でしょうか。

具材は豚そぼろ、もやし、刻み白ねぎ、ゆで卵。

スープは豚骨かなと思うほどベースがしっかりしており、そこに背脂のコクが加わっています。刻み白ねぎの清冽さが引き立つようなスープです。

麺は太目の縮れ麺。若干、札幌チックであります。

具材に混じって鎮座している辛味の素を溶かすとスープに切れが加わり、一気に完食することが出来ました。



同行者が注文した“こく旨塩ラーメン”は少し濁ったスープに背脂が浮いているタイプ。

いずれもなかなかの旨さではあるんですが、このお店でしか食べられないラーメンとは感じませんでしたので、あえて注文しなくてもいいのでは。

このお店は、やはり塩ラーメンかな。

ごちそうさまでした!!!


※朝の定食が始まっております。



(2012.8)


■麺屋廣島弐番の訪問記
麺屋廣島弍番(2012.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック