白目をきれいに
2012年09月14日 (金) | Edit |
西区庚午南にある寿司の『にしかわ』。

以前より気にはなっていたお店ですが、訪問の機会を得ましたので平日の夜に訪れてみました。





中に入るとご常連と思われる面々がL型カウンターに思い思い陣取られていて、なにやら盛り上がり中。

そんな中、僕も恐縮しながらカウンターに座らせていただきました。



店内の様子。





ネタケースにはなかなか質が良さそうな柵が置かれていて、ちょっと期待が膨らみます。

メニューは、握り:150円~600円と一品物:800円平均といった感じです。

店内の真ん中に設置されている水槽の中には鱧・石鯛・アコウなどがいて、なかなか豪華な布陣でした。



とりあえずはキリンラガーの中瓶を注文し、一品物を楽しむ事に。



左上は突出で烏賊とわけぎの肝和え。

ほろりと苦く、日本酒が合いそうです。

蛸の天ぷらは6枚ほどの蛸天にシソの天ぷらが出てきました。

蛸の質は悪くはないんですが、衣が少しベタッとしていて、もう少しカラッと揚げて欲しかったと感じました。

鱧湯引きは、鱧の身質が今一つ。

刺身の盛り合わせは、鯛・中トロ・烏賊・環八で、これはなかなかの旨さ。

特に中トロは赤身の旨さがふんだんで、久々に旨い赤身に出会えた気分。



日本酒は亀齢の萬年やくどき上手、雨後の月などを揃えており、1合で500~700円と比較的安価。

僕はくどき上手をいただきましたが、香り華やかなタイプで、この手のお店に置くにはちょっと向いていないのではと感じました。



ここいらで〆に向かい、握りをいくつか注文。

カウンターの少し段が高くなったところを使っての提供です。



少し酸味を利かせたシャリで、なかなか旨い握りを食べることが出来ました。



ちなみに写真は、赤貝、葱ハマチ、穴子、赤出汁です。



お店の切り盛りは明るくきさくな大将と女将。

ご常連とやり取りしつつも一見である僕たちにも気配りをして下さり、居心地は良かったです。

メニューのウニほうれんが異質に感じましたが、機会があれば注文してみましょうかね。

ごちそうさまでした!!

(2012.7)

■お店のデータ
にしかわ
広島市西区庚午南2-5-6
0825073636
?~22:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック