白目をきれいに
2012年08月30日 (木) | Edit |
廿日市市大野町にあるラーメン店『味専』に初めての訪問です。

この日は大竹市にある「酒遊館」という酒販店に行く予定がありまして、お昼をその道中で食べようと思い調べたところ、某ラーメンサイトでみつけて訪問した次第。

自宅からは西広島バイパスを経由し、新しく出来た宮内の高架を通り、大野町へ。国道2号線の油免(あぶらがめん)信号を山側に曲がり、坂道を登ったところにお店があります。





お店の隣にある駐車場に車を停めてから入店。

店内は思いのほか広めで、L型カウンターに10席ほどとテーブル席が4卓ほどあったでしょうか。

お店の切り盛りは男女お二人で。

ピシッと筋が通った感じのしゃっきり大将と笑顔が優しい女将。

長年連れ添ったご夫婦なんでしょう、バランスの取れた布陣ではないでしょうか。




メニューです。



和風中華(鰹出汁に牛の煮たのがトッピングとの事)も気になりましたが、ここはノーマルな中華そばを注文。

お腹が空いておりましたので、定食にしてもらいました。



出てくるまでの7分の間、店内をちらと見ましたら、カウンターの上には宮島工業高校野球部関係のオブジェが飾られていました。

そいや、ここって宮工近いもんなぁ。あ、そいやうちの叔父さん宮工出身だったなぁ、などと考えていたところに、定食の登場です。





通常の大きさの中華そばに、それと三回りしか違わないサイズの丼飯、揚げ物2種とサラダ、小鉢が2つという内容です。

写真では分かりにくいかもしれませんが、ご飯の量はかなり多め。

5年前ならともかく、今の自分に食べきれるかいなと、心配になるほど。





中華そばは元ダレをピシッと利かせたタイプで、濃い目の醤油豚骨といった風情ですが、見た目ほどの濃さは感じられません。

※後情報ではありますが、和風出汁がブレンドされているそうです。僕には判別できませんでした(苦笑)。

麺は中太ストレートで、やや固めの茹で加減。

チャーシューはほろりと崩れるバラチャーシューでなかなかの旨さでした。

全体のニュアンスとしては西区田方の「へんこつ」辺りと被りますが、「へんこつ」を食べたのは酷い二日酔いの日。もし違っていたら、この事をいい訳にさせて下さい(笑)。



揚げ物2種はコロッケと串カツで、これは一般的なもの。小鉢はキムチとほうれん草の胡麻和えで、なかなかの旨さ。



この日は12時頃の入店でしたが、先客1・後客7となかなかの繁盛振り。

お店の雰囲気も良いですし、味もなかなか。再訪時には中華そばを食べたいところですが、和風中華も捨てがたい。

さて、行く前から迷ってしまいそうだなぁ(苦笑)。

ごちそうさまでした!!!

(2012.6)


■お店のデータ
味専
廿日市市物見西1-13-12
0829542588
11~?時
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック