2012年08月04日 (土) | Edit |
平和大通り沿いにある『家座富』。

佇まいからは中国料理を想起させるんですが、店名からは「カザフスタン」が想起されるお店。



とは言うものの、店名に「中華大酒房」とありますし、カザフスタンのあて字は「香佐富斯坦」だし(わざわざ調べてみた)、まず間違いなく中華料理店でカザフスタンとは関係がないものと思われます(苦笑)。



店内は、狭い廊下と暗めの照明、半クローズの客席でそれなりに“雰囲気”を狙っているのでしょうか。

案内された半クローズのソファ席はクッションで差し色をし、絵画で壁面を飾っています。





ランチメニューです。



設えからは想像の範囲外であった手書きメニューには、日替わりのほか、麺や丼のセットが記されています。

僕の注文はサンラータンメン。普段食べない料理なので、チョイスしてみました。





出てきたサンラータンメンは、卵や筍などの具材をとろみのついたスープで抱擁したタイプ。麺は加水が高く、ひっついてはいないんですが一体感があります。

ベースの中華スープが味濃く感じられ、辛味と酸味はかなり控えめでした。



麺セットの飲茶2種です。



こちらは可もなく不可もなく、でした。



この日のチョイスでは今ひとつお店の良さがわかりませんでしたが、ランチで何度か訪れ、このお店の真価を探してみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2012.5)


■お店のデータ
家座冨
広島市中区三川町10-13
0825457888
11:30~15:00
17:00~23:00
定休日:不定休


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック