白目をきれいに
2012年07月19日 (木) | Edit |
日曜日の夜。

このまま真っ直ぐ家に帰れば良いものを、夕食の準備が面倒だなと思ってしまい、ちょこっと飲めるお店を探してフラフラと彷徨ってみました。



勤め先から自宅に帰るまでの道すがら、舟入の某焼鳥店を除くも満席。。。空港通りにできた馬肉を食べさせるお店に行くもオシャレすぎて一人では入りにくい(苦笑)。

このままでは庚午・古江付近で探すはめになるんですが、あの界隈はピンと来るお店が少ないんですよねぇ。。。

なんて思いながら移動していた時に、中区幟町で訪れた『きがる家』が観音にもある事を思い出し、訪れてみました。





広島市内のメイン道路では最も南にある庚午霞線。その道沿いのビルの2階がこの日の舞台となりました。

木製の大きな引き戸を引いて中に入ると、左側には座敷で数席あり、既にサラリーマンと思われる団体が宴会中。なので、僕は右側にあるカウンター席へ。



今日のオススメボードとグランドメニューをにらめっこして決めたのは、生ビールとおまかせコース。

おまかせは1500円で6品との事。何となくお得な気がするじゃないですか(笑)。



お店の切り盛りは厨房が男性2名、ホールも男性2名、合計4名の男性陣で。厨房のお二人が社員ぽい風情で、そのうちのお一人はご店主であろう事が推察されます。

ホール・厨房ともに目が行き届き、サービスに関しては不満無し。なかなか気持ちよく飲み食いができました。



さて、おまかせコース。まずは2品が登場です。蒸し鶏のねぎまみれと刺身の盛り合わせです。





ねぎまみれは『きがる家』の名物メニュー。前回訪れた幟町店でも食べており、これはなかなかの旨さ。刺身は4種類。身質は悪くなく、そこそこの刺身でした。



続いて2品。鮎の高菜巻きと牛肉のねぎ焼き包みです。





鮎の高菜巻きは、個人的には、旨いのは旨いんですが、?な一品。

勉強不足のため意図が分からなかったんでしょうか、鮎に高菜を巻く事による相乗効果が感じられませんでした。

牛肉ねぎ焼き包みは、ねぎ焼きで牛肉とキムチ等を巻きガブリといただきます。



最後の2品は、天ぷら盛り合わせと握り寿司です。





この内容で1500円ならやはりお得と言えるのではないでしょうか。



さて『きがる家』と言えば日本酒。今回いただいたのは、滋賀県の七本槍と、、、なんだったでしょうか?

そんなに酔ってないはずなのに、飲んだお酒の銘柄を失念してしまいました(苦笑)。



幟町と観音では、観音の方が良かったように感じました。料理やサービスが大きく異なるわけではないんです。

訪れた時期は、忘年会シーズンの繁忙期と日曜の夜の比較的暇な時期。

この辺りによる違いはあるんでしょうが、それは織りこみ済み。

料理の方向性のちょっとした違いやその場の雰囲気にも左右されますが、自分の中では幟町<観音という優劣を付けるに至りました。



今度暇そうな時期を狙って幟町店に再訪して確かめてみましょうかね。

ごちそうさまでした!!!

(2012.5)


■お店のデータ
きがる家観音店
広島市西区観音新町1-2-28
0822952230
営業時間・定休日:未確認


■きがる家観音店の訪問記
きがる家観音店2(2013.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック