2012年07月02日 (月) | Edit |
広島・山口両県合わせて9店舗を展開するお好み焼きチェーン店『五エ門』。

今から7~8年ほど前に一度だけ堀川町店に訪れた記憶があるんですが、鉄板焼きメニューばかり注文してお好み焼きは未食だったはず。

この度は少し早いGW休暇(と言っても3日間だけ)をいただきましたので、イオンモール広島府中ソレイユの中にある『五エ門』に行って来ました。





平日だと混み合うことも少ないんでしょうが、訪れたのはGW序盤で、しかも雨の日。

こりゃ人が多くなるぞと思い、10時45分ごろにはお店の前に着いたんですが、既に15組以上の開店待ち客が。。。

これは初回では入れないかもと思ったんですが、何とか入店することができました~。



特等席の鉄板前はすでに満席で、僕たちが案内されたのは奥のテーブル席。

考えようによっては、こちらのほうがゆっくりと食べられるから良いかも知れませんねぇ。



メニューです。



スペシャル!デラックス!パワフル!

観光客が飛びつきそうなメニューの中に、ひっそり目に書かれているノーマルの肉玉そばを注文。

同行者はお好み焼きのうどん入りでタマゴ抜き。

※それなら焼きうどんを頼んだら良いのに、と思ったのは僕だけではないはず(笑)。



鉄板の上では20枚程のお好み焼きが一度に焼かれていて、なかなか壮観な眺めです。

焼き方で特徴的だなと思ったのは、キャベツの焼き方。普通は生地の上に乗せて蒸し焼きにしますが、こちらは生地を敷いた後、別スペースにキャベツを盛り、塩コショウで下味を付けて炒めます。

火を通して生地に盛るという手法でしたが、これは焼き時間を短くするためなんでしょうね。



さて、そんなこんなで出来上がったお好み焼きがこちら。



生麺のそばはパリッと焼こうという気概が感じられますが、いかんせん焼き時間が短く中途半端な仕上がり。

本体部分もキャベツの水分が抜けておりパサついて少々食べにくかったです。



このような繁盛店には、初回入店客が出て行き始めてからの入店が良いかもしれません。

ファーストロットは急ぎ作るため多少は雑になろうかと思いますが、次のロットからはある程度時間を掛けて丁寧に焼く事ができるのではないでしょうか。

今回の訪問ではそんな教訓を得ることができましたので、良しとしましょう。

ごちそうさまでした!

(2012.4)


■お店のデータ
五エ門
広島県安芸郡府中町大須2-1-1 
イオンモール広島府中ソレイユ1階
0825610039
11~23時
定休日:イオンモールに準じる


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
西条に住んでいた頃、近所の「五エ門」に時々飲みに行ってました。鉄板焼きメニューは豊富でうれしいのですが、お好み焼きは、あのキャベツだけを焼いておく手法に違和感があり、お好み焼きだけを食べに行ったことは一度もありませんでした。
2012/07/03(Tue) 22:25 | URL  | mumi #-[ 編集]
mumiさんへ
いつもそうなんですね〜。
あの焼き方だとキャベツがパサパサで美味しくないと思うんです。

ここか広島代表のような事を言う県外の方には、しっかりと教育しときますね(笑)。
2012/07/03(Tue) 22:57 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック