白目をきれいに
2012年05月30日 (水) | Edit |
新しい部署に異動して始めての週末。

内勤とは言え、事務所の外にガンガン出て現場に足を運んでいます。まずは現状把握から、と考えての行動です。



この日は勤め先のある中区中町を自転車で出発し、目的地の安佐南区長束、山本、中筋に向かいました。

途中、上幟町や白島へ寄り道。

祇園新橋を渡ったのは社を出て1時間後の12時でした。



1時間は自転車こいでましたし、雨上がりで気温が低いし、朝ご飯は食べてない。

お腹が空いて、温かいものが食べたくなりました。

そんな中、予てから食べてみたいと思ってた激辛ラーメン目掛けて、およそ1年振りに『玉一』を訪問。



お店の前にあるイーゼルにメニューが置かれています。

前から有ったっけ?





そして、その斜め上に恐ろしい貼り紙がΣ(゚д゚lll)



ラーメン売り切れ!?

マジ~?

落胆する気持ちをグッと支えつつ、この時間に無いって事はそもそもラーメン作ってないって事だし、この店に限ってそんな事は無いと思うけど、本当になかったらつけ麺にするか、とか考えながらの入店(苦笑)。



「激辛ラーメンあります?」との問いに、男性店員は「うん。」と即答。

心の中で「あるんかい!」とツッコミをいれたのは読者の皆さんと僕との秘密です(笑)。



そいや、以前は若い男性がいらしたはずですが、何かのご事情でお辞めになられたと聞いた記憶があります。

今は、即答してくださった接客係のおいちゃんと調理担当の女性の2名体制。

ざっくばらんな雰囲気は、案外悪くありません。



さて、ツイートチェックをしていると、早々に激辛ラーメンが登場。

丼からは、複雑な旨味を想像させる香りがたちあがり、ゴマの香りとのコラボに成功しています。





まずはスープを飲むと、香りから想像した通りのうんまいスープ。

冷麺のつけツユでも感じたんですが、複雑な旨味のあるキムチを食べた時に感じる旨味があるんです。

単に辛いだけの我慢比べラーメンとは一線を画す、秀逸な一杯。



辛さのレベルは、マーラー麺・梵天麺・ペヤング激辛焼きそばよりもマイルド。

僕は、廣来の担々麺ぐらいかなと感じましたが、いかがでしょうか。



小麦の香り高い細麺(原田だったかな?)とスープの相性はなかなかのもの。

具材の白ネギとチャーシューは存在感あり。

面館のピリカよりも好きだなぁ。



この手の味には白ご飯が欠かせません。



脇に写ってる小皿は、豚肉とフキの煮物。これもなかなかの旨さでした。



いやはや、とても楽しい昼食でした~。

これは本店格と言われている玉秀にも行ってみたくなりました。

ちょいと場所的にハードルが高いんですが、いつかは行こうと思っております。

運転手をしてくださる奇特な方がいないかなぁ(笑)。

ごちそうさまでした!!!!

(2012.4)


■玉一の訪問記
玉一(2010.3)
玉一2(2010.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック