2012年05月10日 (木) | Edit |
中区広瀬北町にある人気のイタリアン『ラ・セッテ』。

今から10年以上前に、ホテルサンルート広島の最上階にあるトラットリア「ヴィアーレ」の料理に感銘を受けた事があったんですが、その時のシェフが北村さんという方でした。

『ラ・セッテ』は、その北村さんが独立してオープンされたお店だと後日知り、それ以降何回か利用させていただいています。



この度はランチでの訪問です。

店内は白を基調とし、天井高の高いホールはテーブル間のスペースの取り方と相まってゆったりとした印象を受けます。

入り口入ってすぐの待機スペースも広々。

この空間、結構好きだなぁ。


※テーブルから入口方向を撮影。


※入口から正面を撮影。



ランチメニューは3種類あって、僕が選んだのは「PRANZO B」というセット。

前菜盛り合わせとパン、数種類から選べるメイン料理、ドルチェ、食後のドリンクで2,300円です。

メインはホタルイカの蕗の薹風味トマトソース メッツェリングイネを、ドルチェにはチョコレートのムースグラッセを、食後のドリンクは紅茶を選びました。



まずは前菜盛り合わせ。



一番上がキッシュ。

中央右からラタトゥユ、パルマ産生ハム、春野菜のジュレ、サーモンカルパッチョ、アスパラのムース、ワカサギのカルピオーネ。

一番下のはホタテの揚物。



生ハムの下にはチーズが、サーモンの下には根菜の酢漬けが敷かれており、目にも舌にも楽しいプレートでした。

塩胡椒などは最低限で留め、食材の味を楽しませるコンセプトかなと感じましたが、いかがでしょうか。



続いては、メイン料理。



ホタルイカのワタが旨いのが強く印象に残りました。生をお使いなのかな?

トマトソースは僕が家で作る下世話な味付けではなく、無駄を省いたシンプルな味わいでなかなかの旨さ。



ドルチェはチョコレートのムースグラッセとカシスソルベのコンビ。



カシスの独特な酸味で口の中をリセットし、ムースグラッセを紅茶でいただきました。

甘すぎることなく、重たくない。なかなかに旨いドルチェでした~。



あ、パンを忘れてました(苦笑)。



バゲットとフォカッチャでおかわりできます。



料理の良さはもちろんですが、サービスも良く、透明感のある雰囲気も変わらず良かったです。

ディナーで訪れたのは何年前か思い出せないほどですので、次回は夜に利用させていただきたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2012.3)


■お店のデータ
ラ・セッテ
広島市中区広瀬北町2-28
0822971207
11:30~14:00
18:00~21:30
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック