白目をきれいに
2012年05月08日 (火) | Edit |
3月20日。

春分の日で祝日のこの日は、日帰りでの東京出張の日でもありました。



東京都某所での仕事が14時からでしたので、朝は8時30分の新幹線に乗って12時30分頃には品川駅に到着。

そこから用務先までは、緩い坂道を登ること15分程度で到着する距離です。



とりあえず用務先に向かいそこでお昼を食べようと思ったんですが、流石の東京も祝日に営業しているお店は少ないようですね。

辺りを見渡しても、中華料理店と担々麺がメインのお店の2店しか営業されていない様子。



二者択一で僕が選んだのはどっちだと思います?

実は、担々麺メインのお店『香家(こうや)』の方を選びました。





いつもなら、知らない土地では中華料理店を選ぶ僕ですが、汁無し担々麺が食べられると知っては訪れずにはおられません。

レベルが高い(と僕は勝手に思っていますが)広島の味と、どの程度の差があるのか、はたまた差はないのか?



客席は小さめのL型カウンターに5席程と、2~4人掛けテーブルが4卓。そう広くない店内に、密度が高く配置されています。

お客の入りはかなり良く、店内はほぼ満席。

お店の入口に「きたなトラン」で獲得した星3つの賞状が飾られていますし、そういう意味でも人気店という事なんでしょうか。

※後で確認したら、星3つ獲得したのは同店の他店舗でした。僕が訪れたここの店舗はキレイでしたのでおかしいと思ったんですよねぇ(苦笑)。



こちらがメニューです。



担々麺の汁無しと汁あり両方のラインナップがあって、ランチタイムのセットメニューで980円とか1,000円!

この値段は高く感じますが、食べる前からそんな事を考えてはいけません(笑)。



とりあえず、麻辣汁なし担々麺セットを注文。ご飯は3種類から選ぶ事が出来まして、僕は白ご飯で注文。

もちろん、麺を食べ終えた後に具材と混ぜて食べるためです。



最初にご飯とザーサイスライス3枚が登場。遅れる事3分ほどで坦々麺の登場です。



そこそこの量の青ネギの下に刻んだザーサイが見え隠れしています。そしてトップには鷹の爪が。



まぜまぜを始めてみて少し驚きました。

汁なしとは言うものの、汁が少なすぎるんです。

汁が少ないので麺の一部としか混ざらず、しかも汁と混ざらなかった麺がくっつき始めてしまい、そのせいで麺の食感がイマイチ。

辣も麻もそれなりには感じられましたが、少し残念な一杯となってしまいました。

味わいとしては、芝麻醤が割と多く入っていたのと、ザーサイのせいでしょうか塩分濃度が高く感じられました。



うーん、残念ながら余り良い所を見出す事が出来ないまま退店。

このお店だけで、東京の担々麺事情が分かるわけではありませんが。。。

ごちそうさまでした!

(2012.3)


■お店のデータ
香家 高輪台駅前店
東京都港区白金台2-26-7
0334475846
11~23時
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック