2012年05月05日 (土) | Edit |
自宅近くにある居酒屋。暖簾から判断すると、おでんがメインのお店なのかなと見受けられます。



なかなか趣のある外観をしていますので、入店するには腰が引けなくもないです。しかし店頭に飾られているホッピーの提灯が少し抵抗感を和らげてくれます。

※『吉田類の酒場放浪記』を見ていない方にはなんのこっちゃかもしれませんが、番組にこの提灯が良く出てくるので、何となく馴染みがあるような感じがする訳ですよ(笑)。



さて、そんなこんなで、細かに縦桟が入った引戸をガラッと開けて入店してみました。

入店は21時頃で前客は0組。店内はカウンター席のみで、横にズラリと7席ほどだったでしょうか。



カウンターの上にはネタケースがあって、なにやら旨そうな魚の切り身や肉が鎮座しております。。。



メニューです。



一品物・肉類・魚類と大きく3カテゴリーに分けられたメニュー。これ以外には看板メニューのおでんもあります。





とりあえず瓶ビールを注文し、何を頼もうかと悩んでいる所に突出のわけぎのぬたが登場。酢味噌が甘くないのが嬉しいです~。





まず注文したのは地どりのせせり。軽く火を通したピーマンとたまねぎが添えられての登場です。

塩胡椒で軽く味付けされたせせりは思いのほか身の味が濃く、なかなかの旨さ。





続いては天然ぶりのハラミです。



同時に熱燗を。賀茂泉の2級酒という説明でした。



ハラミはですね、これがなかなか良いんですよ。

ネタケースにあった物の中では、こいつか生タコが旨そうでしたので注文してみたんですが、正解でした。



ここいらでおでんを3品ほどと熱燗を亀齢で追加。



おでんはよく煮込まれたタイプのもので、不満のない仕上がりです。



お店の切り盛りは60歳近いと思われる男性店主がお1人で。この地に開業されてから17年になるんだそうですよ。

こちらは割と良い素材を仕入れられていますので、ふとした時に再訪してみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2012.3)


■お店のデータ
あさひ
広島市西区庚午南1-35-17
0822737866
営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック