白目をきれいに
2012年04月25日 (水) | Edit |
※五日市中央に移転


ツイッター上で話題になっていた新メニュー「梵天斬り」を食べるために再訪。

このメニューは通常提供されている汁無し担担麺の「激辛」よりも更に辛いらしく、果たしてどのくらいの辛さなのか興味がありチャレンジを決めた次第。

価格は880円と、ノーマルの価格と比べると+300円。価格差の分だけ辛いということなのでしょうか、変な期待が膨らみます(笑)。



食券を買って店員に渡した所、店主が店員に対して僕に注意喚起をしてくるように指示しているのが聞こえました。

「食べたら死ぬって言って来い」と。

死ぬって(笑)。



さてこちらが梵天斬りです。



見た目では、器の底にたまっているラー油の赤さが際立っているのが分かります。ふ~ん、と思って混ぜてみると、凶暴なのが姿を現しました。



麺の下は種あり唐辛子だらけ。

これ、スゴイッす(笑)。



まずは麺だけ一口すすってみましたが、この時点でむせそうになる程の唐さ。勢いよくすすったら確実にむせるのでご注意ください。

辛いのは辛いんですが、水を飲みながらですと余力を残して麺を完食できました。

ここで第一ラウンドが終了。



続いて残った具材(と言うか、ほぼ唐辛子)にご飯を投入して第2ラウンド開始。

具材に水分が少ないため黒酢を掛けて食べ進めましたが、徐々に舌の上に辛さが蓄積され、後半はかなりしんどかったです。

しかし、何とか完食。

メニュー名が梵天斬りだけあって、今回は相打ちといった結果に終わったと理解していますが、いかがでしょうか。



食べ終えた後は胃の上部が熱くて重い。こんな経験は初めてかもしれません。食後1時間半ほど経ってようやく落ち着きましたよ(苦笑)。

食前と食後に飲むヨーグルトを飲んでいましたので翌朝のダメージは少なかったですが、もしそのような対策をしていなければと考えると恐ろしいメニューです。

ちなみに、辛さは十分すぎるほどありますが決して旨いと思えるものではありませんでした(苦笑)。



梵天斬りよりも更に辛い「政宗」というメニューを提供予定との事ですが、僕は挑戦しないことでしょう。

ごちそうさまでした!

(2012.3)


■梵天丸の訪問記
梵天丸(2012.1)
梵天丸2(2012.2)
梵天丸3(2012.2)
梵天丸5(2012.5)
梵天丸6(2012.11)
梵天丸7(2016.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
これは,辛かったです。
2013/12/02(Mon) 20:52 | URL  | 激辛 #-[ 編集]
激辛さんへ
リリース直後とその後では辛さが違うようです。
僕はリリース直後に食べて、ヤバイレベルの辛さを体験しました。
今となっては、いい経験だったなと思います、
2013/12/03(Tue) 12:34 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック