白目をきれいに
2012年04月22日 (日) | Edit |
五日市方面を開拓する時、参考にしているサイトに「五日市ランチ」というのがあります。

飲み会で時々ご一緒させていただく五観橋わたるさんのサイトで、簡潔ですが的確でかつほくそえむ様なコメントが好きで、僕のお気に入りサイトの一つとして愛読しています。

ここで紹介されているお店の中でも割と訪問回数が多いのが今回訪れた「ぼう。」。

JR五日市駅北口から少し離れた所にあるお好み焼き屋です。



本当は五日市駅西側の駅前横丁にあるラーメン店「一優」を狙っていたんですが、何と臨時休業で振られてしまいました。。。

何だか最近多いんですよねぇ、臨時休業。



おっと、ぼやいている場合じゃありませんでした(苦笑)。

こちらがお店の外観です。



駐車場はお店の前に2台と裏にも3台ほどあるそうです。



店内は右半分がテーブル席、左半分が厨房と鉄板前席といった構成。

僕が行った時は、近所でお勤めされていると思われる方や学生の来店がメインでした。持ち帰りの注文もちょくちょく入ってきて、かなり繁盛されているのが見て取れます。



注文したのはお好み焼きの肉玉そばで、焼き方の手順はこんな感じでしたよ。

粘り気がある生地を心持ち大きめに敷き、少な目の魚粉、多めのキャベツ、もやし、天カス、豚バラ2枚、ラード少々の順で乗せ、ひっくり返します。つなぎは使われていません。



そばは、いその製麺の生麺。

茹で上がったら鉄板の上で丸く成型し、油を注して、しばし焼きます。焼き色を確認しつつ頃合を見計らって、上からは一切押さえ付けずに火を通した本体とそばを合体。

そして卵を割り落とすとその上に本体をポンと乗せ、すぐに反転。半熟とろとろ状態のところにソースと青海苔、胡椒で完成です。


※みっちゃん総本店っぽい焼き方でした~。



食べてみると、卵のとろとろ感に半熟のコク、カリカリのそばと肉、ほっこり仕上がったキャベツ。

食感のコントラストがとても楽しいですし、卵・麺・肉の一体感も良いですねぇ。

ソースは粘度が低く、甘さ控えめで酸味が立った味わい。オリジナルのソースなんでしょうか。

ここ最近では、安佐南区にある「やまさ家」以来の旨いお好み焼きでした。



1枚が700円という価格ですが、人気が出るのはうなずけます。

五日市には未訪のお好み焼き店がたくさんありますので、ボチボチ足を伸ばしていってみなきゃ。

ごちそうさまでした!!!

(2012.2)


■お店のデータ
ぼう。
広島市佐伯区五日市駅前1-2-28
0829237357
11~15時
17~22時
定休日:火曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック