白目をきれいに
2012年04月04日 (水) | Edit |
あの番組を見ると、どうしても焼き鳥が食べたくなる。

そう、BS-TBSで放送中の「吉田類の酒場放浪記」の事です。

番組は約15分刻みで4店紹介する作りになっていて、それぞれの冒頭で焼き鳥を焼くシーンが出てくるんです。

これがサブリミナル的な効果があるんでしょうか、いつも焼き鳥を食べたくなってしまうとは。。。



そのせいで、この日の夜は焼鳥店の新規開拓をしようと思い各方面をうろうろ。

ふと通りかかった土橋の「鳥太郎」が良さげに見えたんですが、ここで飲み食いすると自宅までが遠い気がしましたので、そいや舟入にも「鳥太郎」ってあったよねと思い、向かう事に。

エンヤコラと向かったのに、何と、満席のため入店できずorz



んー困ったなぁ、と思ったんですが、この近くに気になる未訪店があることを思い出しました。

それが今回訪れた『向日葵』です。





元々は石川酒店のブログで見かけて気になっていたお店。

その後、偶然お店の前を通りかかった時に、良さげな雰囲気だったのを覚えていた事も、今回の訪問の後押しになっています。



中に入ってみると、白い壁面にダークブラウンの床と調度品がお出迎え。壁は塗り壁っぽく仕上げてあり、洒落た雰囲気をかもし出しています。

客席はカウンターが10席程と、テーブルが4席だったかな。

お店の切り盛りは若い男女2名で。お見受けしたところご夫婦だと思いますが、いかがでしょうか。



さて、とりあえずカウンター席に陣取り、生ビールを注文。

天井近くに掲示されている食べ物メニューを見て注文を考えていたら突出が出てきました。



右が卵豆腐、左が笹身と蕗のなめろうとの事。



卵豆腐は子供の頃市販品を食べていましたが、この手のお店で食べるのは初めて。意外と薄味なんだなぁというのが印象でした。

なめろうは笹身の旨みに加え、蕗由来でしょうか、苦味が軽く利いており、初っ端から日本酒が欲しくなる品。

この時点でこれは期待できるお店かなとワクワク(笑)。



ファーストオーダーは悩んだ末の3品。まず提供されたのが大豆とオリーブのピクルスです。



程よい酸味と大豆の旨みが良いですねぇ。合間合間にチビチビ食べる事で口直しにピッタリでした。



サラダ。

酸味が利いたドレッシングでなかなかの旨さ。トマトも甘味があって旨かったです。





鴨つくね。一皿に5つ乗って登場。





個人的には、卵黄に浸してたべるよりも、添えられていた辛子で食べる方が鴨つくねの味が分かって良いのではと思いました。



ドリンクは日本酒にスイッチ。

王禄の80純米からスタート。開栓して時間が経っているのもあるんでしょうが、やはり軽いなぁ。





瑞冠の亀の尾・山廃。

リカーランドキムラの限定酒だそうです。山廃らしくない軽さが印象的でした。





ここら辺で、太刀魚の刺身と肉豆腐を追加。



身質はそこそこといった所でしたが、感心したのはツマ。



紫蘇をよけてこんなのが出てくると嬉しくなりますねぇ。



肉豆腐はボリューム満点でしっかりと甘辛い味付け。





あ、久々に神亀の熱燗なんてのを飲んでみましたよ。でも、神亀ってこんな香りだったでしょうか。。。





メニュー外の日本酒も多く、杉錦、+旭日、るみ子の酒なんてところが気になりました。


※チューハイのコースターが可愛い。



ホスピタリティの高さも印象に残りました。

適度な距離感と日本酒トーク、お二人とも明るいお人柄で、お店を出る時にはホクホクした気分でしたよ。

唯一注文をつけるとすれば、禁煙にしていただきたいという点だけですが、ま、なかなか難しいんでしょうねぇ。。。



舟入で飲むことって滅多に無いんですが、もう少し多くの種類の料理を食べてみたいと思いますので、年内に何度かうかがうことが出来ればと思っています。

ごちそうさまでした!!!!

(2012.2)


※あ、土橋の鳥太郎に目を付けたのは、お店の入口前に並べられていた酒瓶の中に亀齢の「山」の瓶を見つけたから。酒商山田からの仕入れだったら変なものは無いのでは、という読みです。


■お店のデータ
向日葵
広島市中区舟入本町3-15
0822934959
17:00~0:00
定休日:未確認


■向日葵の訪問記
向日葵2(2013.7)
向日葵3(2014.12)
向日葵4(2016.9)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック