白目をきれいに
2012年03月26日 (月) | Edit |
広電東高須駅の前に昨年オープンしたばかりのお好み焼き店『たけしゃん』に行ってきました。

通勤時に前を通るので気にはなっていたんですよ。





お店の道路に面した部分はほぼ全面ガラス張り。中が見えるのって一見客からすると安心材料になるんですよね。

店内は入口付近に鉄板席があって、道路から見えない奥まった所にテーブル席が6卓程あります。

何度も前を通っていたのに訪問を見合わせていたのはここに理由があって、鉄板席に座っているお客の姿を見たことが無かったので、道路から見ただけだと流行ってないのかなぁと勝手に思ってしまったんです。

僕が訪れた日もそうでしたが、テーブル席には3組ほどお客が入っていて決して暇なお店ではなさそうですよ。

ま、僕もまだまだ読みが甘いという事でしょう(苦笑)。



さて今回は夕食としての訪問。

とりあえず生ビールとホルモン炒めを注文。出来上がるまでの間、掲示物などを読んでいましたら、こちらのご店主は大阪のご出身という事が書かれていました。

合間合間にお話をうかがってみると、2005年に広島に来られて田の久に勤務。その後、独立されてこのお店をオープンされたとの事でした。



さてホルモン炒めの登場です。



玉ねぎ、キャベツ、ホルモンを自家製かなと思われる甘辛い味噌ダレで炒めたもの。

ホルモンは脂の付が良くプルプルと甘いタイプ。これはなかなか旨いんじゃないでしょうか。



本命のお好み焼きの前にどて焼を頼もうかとも思ったんですが、両方食べたらお腹が苦しくなるかもと思い、お好み焼きだけそば肉玉で注文。

焼き方に変わったところはありませんが一応書いておきますね。

小さめに丸く生地を敷いたら、魚粉、細切りキャベツ、天カス、もやし、豚バラ3枚の順で乗せます。

溶かしたラード(かな?)を鉄板に流し、その上に本体をひっくり返して焼き始めます。

その後は上から押さえず、時折空気を含ませるように回転させるだけ。



麺は生麺。

※蒸し麺も選べるようです。

茹で上がったら鉄板に広げ、焼いていきます。そばに焼き色が付いてきたらソースを塗り、丸く小高く成型して、本体と合体。

卵を貼り付けてひっくり返し、味付けしたら完成です。





そばは生麺らしい歯応え。カリッとしている部分とモチッとしている部分があって、なかなか楽しい食感です。

キャベツは水分を残してほっこりと仕上がっています。

総じて優しい味わいでなかなかの旨さ。僕個人的にはキャベツの蒸し具合が気に入りました。



お好み焼きが1枚680円とやや高めの価格設定ではありますが、ご店主の雰囲気とお好み焼きの仕上がり具合が気に入りましたので、再訪してみようかなと思っています。

ごちそうさまでした!!!

(2012.2)


■お店のデータ
たけしゃん
広島市西区庚午北2-5-16
0822730141
平日11:00~14:30
17:00~22:00
土日祝の夜は16:00~22:00
定休日:12月31日
駐車場は店舗前に3台有り


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック