白目をきれいに
2012年03月19日 (月) | Edit |
※H26.4中区八丁堀に移転

中区吉島にあるラーメン店で、2年ほど前に紙屋町から移転オープンされたお店です。

僕は紙屋町時代に3度訪れノーマルの醤油豚骨やカレーラーメンを食べましたが、どれをとっても印象が薄いんです。

しかし先日友人と話をしている時に、「以前行ったお店でも今なら舌が変わってるかもしれないので行ってみたら。」と言われ、まぁそういう事もあるかもしれないなぁと思い、移転後未訪の『海風堂』に立ち寄ってみました。



お店の場所は、平和公園から南にまっすぐ下ったところ。庚午霞線との交差点よりも少し平和公園寄りになります。





訪れたのは開店直後の11時30分。すでに先客が2名あり、僕が店を出る12時までの間にも6~7名はお客が入ってきて、その繁盛振りが実感できました。

店内の雰囲気は紙屋町時代と大きく変わらず、内装は黒が基調。本棚にラーメン作りの本がズラッと並んでいたのが、印象的でした。


※そう言えば、前からあったかも。



注文したのは、期間限定の濃厚味噌ラーメン。寒いと味噌ラーメンが食べたくなるのはなぜでしょうかね(笑)。

年明けに食べた「蔵造」の味噌ラーメンはどちらかというとラードバッチリ系という印象がありますが、広島で出会う味噌ラーメンは味噌汁的な作りのものかがほとんど。

『海風堂』の濃厚味噌ラーメンはどの系統かなと楽しみに待っている所に、登場です。





見る限りでは、スープの表面にはラードの分厚い膜は確認できません。

スープを一口飲んでみると、味噌がしっかりと利いていてベースの豚骨もしっかりと感じられます。

これは良いじゃないですか。旨いと思える味噌ラーメンって広島では出会う事が少ないんですよね。

麺はプリッとした食感の中太麺でややウェーブが掛かっています。

これも良いですねぇ。



添えられた金属製の穴開きレンゲでコーンなどをすくって食べていると、上に掛けられている唐辛子がスープに溶け込み、途中から辛味が加わることでシャープさが増してきます。

別に出された辛味噌を入れると、さらにシャープさが加速。ちょっと入れすぎて辛くしすぎましたが、なかなか楽しい調味料でした。





『海風堂』の期間限定濃厚味噌ラーメン。総じて満足度が高い一杯でした。

これは普通のラーメンも食べてみなくてはいけませんが、その前に汁無し坦々麺に挑戦してみなきゃ、と思っています。

ごちそうさまでした!!!

(2012.2)


■お店のデータ
海風堂
広島市中区吉島東1-5-7
0822412820
平日   
11:30~14:00
18:00~22:00
土日祝の昼
11:30~15:00
土曜の夜
18:00~22:00
日祝の夜
18:00~21:00
定休日:月曜日


■海風堂の訪問記
海風堂2(2012.7)
海風堂3(2013.8)
海風堂4(2014.5)
海風堂5(2014.10)
海風堂6(2016.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック