2012年02月04日 (土) | Edit |
※2016.5業態変更し十日市に移転

クリスマスは和食系で、と決めている我が家。イタリアンやフレンチは人が多すぎて居心地が、ねぇ(苦笑)。

なので、比較的人が少なめの和食系のお店を利用する事が多く、中区本川町の『阿津満』や中区胡町の『ずぼら』などで過ごした事もあります。

さて、今年はどうしようかと考えた所、夏に訪れて以来、足を運んでいない『kanpai』にしようという事になりました。

月並みですが「kanpaiで、カンパイ。」なんちて(苦笑)。



ん、ゴホン。

それでは本題。



そういえば玄関周りって撮った事がないよなぁと思い2枚ほどパシャリと。






こちらの日本酒って東京や大阪からも取り寄せてらっしゃるので、他店では見かけないものもあったりするんですが、この日飲んだものは他でも飲めるものでしたよ。




福山の天宝一は新酒で。福島県の飛露喜と京都府の玉川、大阪の秋鹿、島根の王禄は無ろ過生で。

天宝一なんてこのお店にしては珍しいなぁと思ったので聞いてみたら、たまたまなんです、との事でした。

ボディが太めで余韻が続くというのが天宝一以外の共通項ですかね。

※出していただくお酒はお任せで、ご店主の気分次第(?)



突出はなまこ酢。他にはポテトサラダ、燻製盛り合わせ、酢がきなどを注文。



どれも旨いんですが、カキが特筆物。プリッした身質で噛むと牡蠣の甘さが口の中に広がって、にやけます(笑)。

しゃこの燻製は初めていただきました。殻も頭もバリバリ食べられましたよ。



肉や魚も色々と。



刺身はオススメを盛り合わせで。しゃこの刺身は初めての経験。

感想ですか?

まぁ、海老ですね(笑)。

コチの刺身がちょっと面白くて、まるで昆布締めされたかのような身質でしたが、なにも手を加えていないとの事でした。

熟成したって事なんでしょうか。

ま、旨かったからどっちでも良いんですけどね。





クリスマスなので鶏も少々。ここの鶏は旨いですねぇ。いつも書きますが、香りが良いんですよ。

珍しく牛タンも頼んでみました~。



楽しいクリスマスでしたが、飲みすぎて翌日は二日酔いだった事は言うまでもありません(苦笑)。

ごちそうさまでした!!!!

(2011.12)


■KANPAIの訪問記
kanpai(2010.4)
kanpai2(2010.9)
kanpai3(2010.12)
kanpai4(2011.2)
kanpai5(2011.8)
kanpai7(2012.5)
kanpai8(2013.4)
kanpai9(2013.5)
kanpai10(2013.12)
kanpai11(2014.6)
kanpai12(2016.3)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック