2012年01月14日 (土) | Edit |
雨が降る土曜日の夜。

中央通り周辺は、えびす講で物凄い人の数。周辺の目ぼしいお店は、当然ながら満席です。

こういう時は喧騒から離れた場所にあるお店に行くのが良いだろうと思い、「ちょこっと屋」にいらした方が独立して出された『あいさん家』が小町にあるよなぁと思い出し、行ってみる事にしました。



お店の場所は中区小町。国泰寺高校の北側で営業されています。



店内の広さは一般的な居酒屋サイズ。客席は通路を挟んでカウンター席とオープンな座敷があり、最奥のちょっと囲まれたスペースにも座敷があるようです。



こちらのお店は日本酒の揃えがいいと聞いていましたので、まずは日本酒メニューに目が行ってしまいましたよ(笑)。

メニューは2枚あって1枚は広島のお酒、もう1枚は県外酒がメインのメニューです。







いやはや、これはなかなかのラインナップ。

広島酒の方はちょこっと屋と同じようなラインナップですが、県外酒は、仙禽・七田・村祐など、面白いのが揃っています。



生ビールで喉を潤した後に頼んだのはこちら!仙禽のあらばしり&村祐(むらゆう)ひやおろし!!





あらばしりの仙禽は、甘酸っぱい味わい。福岡で飲んだ純米大吟醸・愛山はサラサラでしたので、その違いが面白かったです。

村祐は新潟のお酒。初めて飲みましたが、こちらも仙禽よりは大人しいものの乳酸系の甘酸っぱい味わいでした。



続いては岐阜県の醴泉(れいせん)と佐賀県の七田。こちらも初めてです。





醴泉は旨苦系で好感の持てるお酒。七田はH14年醸造の熟成酒でしたが、温めた方が旨いだろうなという印象です。



お酒の〆は、広島酒の亀齢辛口純米八拾で。安いけどなかなか旨いんですよ、このお酒。





あ、食べ物を書き忘れる所でした(苦笑)。

突出は豚のしょうが焼きを煮物で作ったようなもの。生姜が利いた甘辛系の汁がなかなかの旨さ。





野菜たっぷりサラダ。

同じような名前のサラダって他のお店にもありますが、野菜たっぷりじゃないじゃん!、と突っ込みたくなるような物もあります。

こちらのはキャベツ・パプリカ・きゅうり・トマト・水菜・たまねぎなどをしっかりと使ったもので、量も多く満足でした。





鳥皮ポン酢。

とり皮を時間をかけてパリッと揚げたものに、甘味を感じるポン酢が掛かって出てきました。個人的にはポン酢の甘さは不要ですが、皮はパリッパリで旨かったです。





カキフライ。

まだ出始めですが、こちらもなかなかの旨さ。下味が付いていますので、レモンを掛けるだけで十分旨かったです。





串を何本か。





この中では、白肝が抜群の旨さ。口に入れたらふわっと溶ける白肝で、必要以上にコクを感じさせない上品な旨さでした。生で食べてみたかったなぁ。

そのほかの串もなかなか旨く、十分にお勧めできる内容でした。



帰り間際に、何かのきっかけから広島のお酒の話題に。

僕自身もかなり飲んでいるほうですが、ご店主のお話をお聞きすると僕よりもずーっと上手の方だということが分かって、とても嬉しかったです。

僕よりも以前に広島酒をコンプリートされているようで、当時は99蔵って言われていたかな?どこのお酒がどの酒販店で扱っているかを網羅されていたとの事。

いやぁ~、すごい方だなぁ。。。



自分よりも詳しい方に会うのって楽しいですね。コレも縁と思って、ちょくちょく伺ってみることにします。

ごちそうさまでした!!!

(2011.11)


■お店のデータ
あいさん家
広島市中区小町5-18
0822581123
11:30~14:00
17:00~24:00
定休日:不定休


■あいさん家の訪問記
あいさん家2(2012.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック