2012年01月13日 (金) | Edit |
尾道の海沿いにある尾道ラーメンの老舗店に行ってきました。

本当は「有木屋」が目当てだったんですが、どうやら店休日だったらしく、またもや食べ損ねてしまいました。



訪れたのは水曜日で、定休日は火曜日のはず。

そんな事をツイッターに流してみると、一昨年の10月時点で「しばらく火・水を休む」という張り紙が店頭に出ていたとの事。

思い出してみると、一昨年の8月に有木屋を訪れた際に、お子さんが生まれるという事で臨時休業されていた事がありました。僕の勝手な推測ですが、子育てのための火・水連休なのかもしれませんねぇ。



次にピックアップしていたのは「朱華園」。とても有名な尾道ラーメンのお店ですが、僕は未だ訪れた事がありません。

早速ウェブで調べてみると、水曜日が休みとの事。。。

う~ん、残念。



仕方がないのでiphoneのアプリで周辺のラーメン店を検索してみると、『つたふじ本店』が比較的近くにあることが分かりました。

こちらは、古くからやってらっしゃる尾道ラーメンのお店。他に目ぼしいお店もありませんでしたので、この機会に訪れてみました。



到着したのは11時40分頃でしたが、すでにお店の前に行列が出来ていて8人ほど待たれていました。

へぇ~、人気があるんだなぁ、と思い僕も並んでみる事に。

写真は入店直前に撮ったもの。確か12時前だったと思います。





店内はカウンター席のみで10席程。客席と後ろの壁の距離が近いですので、ゆとりを持って座ることはできませんが、窮屈というほどではありません。

注文したのは中華そばの並500円。

大きな寸胴に大量の麺を一気に投入し、茹で上がったら平ざるでザッザッザッと湯切り。数玉分をまとめて一つの丼に移し、女性スタッフ(というか、奥様?)が注文ごとにそれぞれの丼に麺を分け入れ、盛り付け。



出てきたのはこんなラーメンです。





香りからの第一印象は、いりこの香りが立つ醤油ラーメン。味もその通りでしたが、出汁感は弱めでした。お約束の豚の背脂は少なめ。

なお、表面に張った脂の膜でスープがなかなか冷めませんので、猫舌の方は要注意です。



麺は中太。尾道ラーメンに使われる麺はもっと平打ち麺だと思っていたんですが、こちらではそうでもないんですね。

茹で加減は柔らかめ。

麺を寸胴から上げたあとの経過時間から考えると、茹で過ぎというよりも伸びてしまったのではないかと考えられますが、いかがでしょうか。



尾道ラーメンを食べるのがこれで2回目の僕は他店との比較など出来るはずも無く、一杯のラーメンとしての感想は、悪くはないかなといった感じ。

しかし行列は凄いんです。スーツ姿のサラリーマンも多く観光客ばかりというわけではありませんでしたので、評判先行の過大評価店というわけではなさそうです。

何にしても、老舗や新鋭など数店は食べてみないと、こちらのお店の位置付けは分かりませんね。



年単位になるかもしれませんが、機会を作って攻略してみようと思います。

ごちそうさまでした!!

(2011.11)


■お店のデータ
つたふじ本店
尾道市土堂2-10-17
0848225578
11~21時
定休日:火曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
有名店ですね。二十年前に食べたSKEで???となってしまって縁遠くなってしまったのですが、昨年
同僚に紹介してもらった東珍漢で!!!体に悪そうな超B級・男飯。お試しを。
2012/01/14(Sat) 10:39 | URL  | terryi #-[ 編集]
terriyさんへ
食べた限りでは普通のラーメンでしたねぇ。

ところでSKEって、何ですか?
48とは関係なさそうですし(笑)。
2012/01/14(Sat) 18:51 | URL  | oomin #-[ 編集]
「有木屋」さんと縁遠いですね。
私はちょうど昨日、久しぶりに「有木屋」さんでおいしくいただいたところです。やはり超オススメ。
また懲りずにトライしてみてください。
2012/01/15(Sun) 13:55 | URL  | mumi #-[ 編集]
mumiさんへ
> 「有木屋」さんと縁遠いですね。
> 私はちょうど昨日、久しぶりに「有木屋」さんでおいしくいただいたところです。やはり超オススメ。
> また懲りずにトライしてみてください。


羨ましい!良いな~。

懲りずにトライして、記事にしますからねー。

2012/01/15(Sun) 18:53 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック