2012年01月06日 (金) | Edit |
この日は入館しているビルのメンテナンスのため、朝から全館停電。

事務所にいても仕方が無いという事で、自らに任務を課して外回りする事にしました。

※残念ながら、休みにはならない(苦笑)。



まずはアルパーク周辺に用事を作り、自宅から徒歩で向かう事に。途中にある草津のマクドナルドで朝マックなぞ。

「マックグリドル ソーセージ&エッグ・チーズ」のセットを初めて食べてみたんですが、「エッグマックマフィン」のように塩気が立ったのが好きな僕には、ちょっと合いませんでした。



このパン、シロップが掛かったホットケーキのような甘さなんです。一瞬、何かの間違いかと思ったほどでした。

いやぁ、知らないって怖いなぁ(苦笑)。



その後、アルパーク周辺をウロウロ。



ある程度は目的が達成できましたので、次なる目的地へ向かいました。

が、腹が減っては戦が出来ぬ。道中で腹ごなしをするために立ち寄ったのが、広島駅の西側にある『二代目もんごい広島駅前店』。



醤油ラーメン(初代とか)を食べようかなと思ったんですが、限定ラーメンのメニューを見て翻意。







隣客が食べているカレーラーメンがとても旨そうだったんですが、昨日キートンのテイクアウトを食べたばかりでしたので、もう一つの限定:海老チャンポンを注文してみました。



やや赤みを帯びたスープに、チャンポンらしい太目の麺と野菜や海老等の豊富な具材という構成。



まず香りをかいで驚いたのは、バターのような香りがしたことです。作っている工程を見ていたんですが、バターらしきものは使われてなかったように思ったんですが。。。

一口スープを飲んでみると、バターのような風味と多少の油っぽさ、その次に海老のようなコクと辛味が感じられました。



麺は噛むとプツッと切れるタイプ。加水の高いぷりぷり麺もいいですが、この手の麺も僕は好きですねぇ。





食べ進めていくと多少口飽きしてきましたので、卓上の唐辛子を2振り追加。すると辛味でシャープになり、僕には食べやすくなりました。



結局、スープを全て飲み干して完食。

いやぁ、バターを使ったチャンポンなんて初めてだなぁと思いつつ、午後の目的地に向かいました。





その道中、えびチャンポンの味を思い出してみたんですが、あれはバターではなくホタテ出汁、というか干し貝柱だったのでは、という思いに至りました。



以前、横川の「一白」で醤油ラーメンを食べた時の感じに似ているんですよ。

あの時も食べた時はバターだと思っていてそのように記事を書きましたが、後から、あれは干し貝柱だと聞いた事を思い出しました。

あのチャンポンにバターを使う必然性は感じませんでしたので、やはり干し貝柱だったんだと思いますが、いかがでしょうか?



同行した会社の後輩は「初代」を旨い旨いと食べていましたので、次回はノーマルの醤油ラーメンにしようかな。

ごちそうさまでした!!!

(2011.11)


■二代目もんごい広島駅前店の訪問記
二代目もんごい広島駅前店(2010.4)
二代目もんごい広島駅前店2(2010.7)
二代目もんごい広島駅前店3(2010.11)
二代目もんごい広島駅前店4(2011.6)
二代目もんごい広島駅前店6(2016.9)
二代目もんごい広島駅前店7(2017.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
聞いた話ですが
海老チャンポン、僕も食べました。
チャンポン好きなんで美味しくいただきました♪
バターではないかも知れませんが、某Mさんに聞いた情報によるとスープにとろみとコクを出す為なのかシチューの素が入ってるそうです。
また麺も昨年から伸びにくい麺に変わったみたいです。
今のTJ企画の限定麺も面白いし、美味しいですよ♪
2012/01/11(Wed) 09:15 | URL  | 月ん子 #-[ 編集]
月ん子さんへ
シチューの素が入ってたんですか!それは、気付けませんなぁ(苦笑)。

もんごいは、ちょくちょく行ってまして、行く度にお気に入り度がアップしてます。グランドメニューで食べていないものもまだまだありますので、限定食べつつ通いたいと思います~。


元就の件はちょっと書き過ぎかなと思ったんですが、あのクラスのお店にはそこまで求めたくなるんですよ。好きだからこそ、の苦言でした~。


2012/01/11(Wed) 10:18 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック