2011年11月01日 (火) | Edit |
僕が作る料理のレシピは、「クックパッド」や「ツイッター」、「ねこおやじさんのブログ」等のネット情報から入手しています。

「あ、あれ作りたいなぁ」と思ったら、検索すればすぐにレシピが見つけられる時代。いやはや、便利な世の中になったものです。



しかし、レシピ通りに作ってもイマイチな出来の事が多々あって、それは火加減や素材の下処理、材料を入れるタイミング等という料理の基礎的な技術や知識が不足しているからだと考えていました。

なので、偶然とはいえこの本を見つけた時の心境は、まさに「我が意を得たり」。

レシピも多数掲載されていますが、基礎的な技術や知識が特集されています。



※料理にお詳しい方には既知のことばかりでしょうが。。。



「クロワッサン」を読んで、恥ずかしながら「へぇー」と思ったことが幾つもあったんですが、その中でも炒め物の火加減については、知っていることと真逆の事が書かれていました。



チャーハンなどは強火で一気に仕上げるものだと思っていたんですが、どうやらそうじゃないらしく、中火でじっくりと炒めるのが大原則なんだそうです。

そしてご飯をパラパラにする秘訣として紹介されていたのが、ご飯の投入と同時に塩を入れること。

確かにこれをするとご飯がパラパラに仕上がります。

いやぁ、知りませんでした。。。



その他、「煮る・茹でる」のコーナーも実用的な内容ですし、調味料の生かし方についても勉強になる事ばかり。

おかげで、自宅で作るご飯が僅かながらランクアップしたように思います。



ここ最近作ったのは、鶏胸肉のステーキ、秋刀魚と茄子のトマトソーススパゲッティ、ハッシュドビーフ、大根のチキンスープ煮込み、煮卵、炒飯など。写真は撮っていませんが、鶏つくねとゴボウの炒め物なんかも作りました。









ぶらっと訪れた週刊誌・月刊誌コーナーでたまたま目に入ったから買った「クロワッサン」。大いに役立っています。

こういう出会い方って、リアルな書店だからこそ、かな。

ネット書店は目的物が決まっていて書店に行く時間が取れそうにない時には便利でいいのですが、リアル書店だと目的外の掘り出し物に当たる事があって、そういう偶然の出会いって、僕は楽しいと思うな。


■その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして♪
お酒好きから(笑)、時々拝見させていただいておりましたm(__)m
私も滅多雑誌は買わないのですが、時々クロワッサンはこんなヒット本(?)をだしますのであまり目が離せません(笑)。一度紀伊国屋でバックナンバーをずらっ!と並べていたので思わずあれこれ〇読みしてしまいました(笑)。中でも大人が楽しめる韓国が特集されていたナンバーをみて本当に韓国に旅行してしまいました・・・v-233
これも意外と知らない料理の基礎というより、裏技な感じで必見の匂いがします(笑)
2011/11/02(Wed) 12:42 | URL  | くりちゃん #-[ 編集]
くりちゃんさんへ

くりちゃんさん、はじめまして!

僕も雑誌はあまり買う方ではないのですが、この本を見つけた時は思わず買ってしまいました。
料理を作るようになってから間がありませんので、このような内容の本はとても有難いです。

くりちゃんさんのブログ拝見しました。韓国のパンは、確かに旨そうですねぇ。




2011/11/02(Wed) 15:22 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック