2011年12月14日 (水) | Edit |
西区井口台にある寿司屋。

何年も前からお店の評判は聞いており、機会を作って一度は行ってみたいと思っていながらも、なかなか訪れていなかったお店です。



その理由はアクセスの悪さ。井口台は車がないと行きにくい街ですので、もし行くとしたらバスを使います。

※タクシーで行けばいいんでしょうが、なかなか、ねぇ(苦笑)。

「井口台パークタウン」行きのバスが止まる自宅最寄のバス停までは、坂道を含めて15分ほど歩かなくてはいけません。

そう、それを面倒臭く感じていたわけです。

しかし先日、五日市「おっきん」に行く際に坂道をえっちらおっちら登って、そのバス停からバスに乗って行ったわけで、一度だけとはいえ経験してしまえば2度目の行動を起こす事はさほど困難ではありませんでした。



という事で、バスを使って『小次郎寿司』に到着~。

「井口台中央」バス停の目の前がお店。





つけ場には、ご店主と思われる年長の男性、息子さんと思われる方ともう1人男性がいらっしゃいます。

その奥の厨房には女性が1名、接客は女性2名という体制。

つけ場の前にはネタケースと一文字のカウンターに8席。

その他の客席は4人掛けのテーブルが3卓だったでしょうか、お店自体はそう広くありません。

入店した時点で感じたいい意味での緊張感の漂い方といい、この規模にしては多めのスタッフ数といい、ネタの質といい、食べる前に良いお店であることが伺えます。



夜のコースで特上握りと一品で3,150円というのも有りましたが、刺身や摘みを試してみたかったですので、アラカルトで行く事にしました。

まずは盛り合わせ刺身。

戻り鰹の刺身は別皿で。

塩が振ってあるのでそのまま食べるようにとの事。

タタキを塩で食べた事はありましたが、刺身では初めて。

サッパリとした身質に塩がよく合いました。





盛り合わせの内容は車えび、いか、サンマ昆布締め、鯛、トロ、しまあじ、夜鳴、マテ貝(?)、さざえ。

貝類はどれも旨かったのと、鯛やサンマ昆布締めは特に旨かったです。





お酒は早々に日本酒にスイッチ。

こちらのお店には、なぜか菊文明がオススメとして置かれています。

しかも吟醸原酒。

数あるお酒の中で、なぜ?と思いましたが聞き忘れ。

ちなみに、熱燗は菊文明の上撰。渋すぎる。。。



※写真は吟醸原酒。ビンの形が面白い!



ちょっと早いかなと思いながらも注文したカキのバター焼き。

最盛期にはかないませんが、それでも十分ジューシーでした。





穴子の白焼き。

鼻腔を抜ける香りが良い!

これは唸るほど旨かったです。





ここからはお任せで8貫ほど握っていただきました。

どれをいただいても旨かった事は言うまでもありません。




シャリについては、酸味はほとんど感じられず、甘味が若干勝っていた印象。

ご飯粒は一つ一つが立っていてほぐれが良いタイプでした。

好き嫌いを語れるほど知っているわけではないんですが、旨いシャリだなぁと思いましたよ。



お任せは土瓶蒸し付き。

鯛の出汁がしっかりと効いていて、具材の椎茸から出たエキスがそれと交じり合い、なかなかの旨さ。





思った以上に御代がかかってしまいましたが、満足でした。

隣席のコースの内容も良さそうでしたので、次回はコースを頼んでみようかな。

ごちそうさまでした!!!!

(2011.10)


■お店のデータ
小次郎寿司
広島市西区井口台1-13-2
0822780800
12:00~14:00
17:30~21:30
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック