2011年11月25日 (金) | Edit |
マルチャン「四季物語」のラーメンシリーズレポートの最終回です。



昨年の9月に偶然手に取った「秋のときめきラーメン」。

そして昨年12月に、これまた偶然手に取った「冬のときめきラーメン」。

今年3月に狙って買いに行った「春のときめきラーメン」。



このようにして、マルチャンの策略(?)にはまっていった僕は、夏のラーメンも当然のように食べるんだろうと思っていました。



今年の6月6日。待望の夏ラーメンの発売日です。発売日当日に買うのも何だかなぁと思い、後日買って食べることにしました。

が、8月に入ると夏ラーメンの姿が店頭から消え、近所のコンビニやスーパーを探したもののどこも品切れ。

やばい、食べられなくなるかも。。。

少し慌てたものの通販で取り寄せるほどではないですし、まぁどこかで出会えたら食べようか、と気を取り直してみました。



そうこうしている内に、店頭には秋の限定ラーメンが並び始め、夏ラーメンは食べることなく終わったなぁと寂しい気持ちを抱えたまま迎えた9月下旬の事。



薬研堀通りのファミリーマートで水でも買おうかと立ち寄った所、な、な、何と、陳列棚に夏限定ラーメンがあるじゃないですか!

これはまさに運命の出会い!!

即購入し、この度ようやく食べる事が出来ました。

2011092312140000.jpg

2011092312150000.jpg 2011092312150001.jpg


スープは軽いコンソメスープで、具材はトマト、いんげん、玉ねぎ。

2011092312290000.jpg

これまでに食べたシリーズ3作の中では、スープの方向性が違うので良いなぁと思います。

が、トマトは妙な味付けが施されているし、スープも食後感が悪いのが残念。



出来栄えとしてはイマイチでしたが、何はともあれ、四季物語シリーズの記事はこれにて終了。

また面白そうなのがあったら追っかけてみます。

■四季物語
2010年秋
2010年冬
2011年春


その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック