2011年11月18日 (金) | Edit |
勤め先から自転車で帰宅する際に、時々ではありますが、少し回り道をして帰ることがあります。

ちょっとした気分転換というのが主な理由なんですが、その副産物として「おっ!こんな所にお店(飲食店)が!!」なんて事もありまして(笑)。



最近見つけた気になるお店は、西区東観音町の天ぷら「いず美」・西区天満町の居酒屋「のら屋」・西区己斐本町の居酒屋「笑和(しょうわ)」など。

「笑和」を見つけた時にツイッターでこんな風につぶやいたら、何人かの方からお返事があってビックリ。



西広島駅の北に笑和っていうカウンターだけのお店があるのに気づいた。しかも満席。気にはなるけど、先に松園に行かなきゃ。あと、とっくりとやよ福にも。

>笑和は日本酒にうるさいオッサンが常連なので、お気に召すかとww二階三階も、あります

>「西広島駅の北」「笑和」。ここ、おいしいですよ。最近は行ってないけど。一階はほぼカウンターだけ、二階はテーブルが3つくらいはあったような、曖昧な記憶です。三階は探検してません。

>二階に座敷がありますよ<笑和 カウンターは基本地元の人間で溢れかえっていますw今日当たり久々に寄ってみるかなぁ。



皆さんお詳しい(笑)。

ネットで調べてみると、開店してから4年は経っているみたい。あの辺りって時々前を通っていたんですが、全く気付かなかったなぁ(苦笑)。

その内行ってみようと思います。



「笑和」の場所は、広電西広島駅の北側。パチンコの「トムキャット」と居酒屋「とっくり」に挟まれた通りを北に少し進むと、右手に見えてきます。

そして、今回訪れた『松園(まつぞの)』は「笑和」の並びにあって、なかなか渋い佇まい。

2011092020080000.jpg

「笑和」よりも前に見つけたお店で、ずーっと気になっていたんですよ。



「笑和」は人気店っぽいのでしばらくはお店があるだろう。『松園』は古くからあるお店のようで、ご店主がご高齢だったら止めてしまいかねない。

そう思い、これを機会に訪問してみました。



訪れたのは平日の雨が振る夜。湿っぽい空気の中、暖簾をくぐって入店すると、そこはカウンターだけのお店で7席程。お店はご店主と思われる女性がお一人で切り盛りされています。

古いけど清潔感のある店内。照度はやや暗め。何だか落ち着く雰囲気です。

先客はご常連と思われる女性が2名。後客は男性お一人様が2組。僕達を含めると常に4~5人が店内にいました。



こちらのお店にはメニューはなく、ご店主からこの日出せるものを口頭で教えていただき、なますとおひたしを注文。

なますは、キュウリ・人参・大根・鯖が使われています。酸味が程よく上々の旨さ。

IMG_4307.jpg



おひたしは広島菜の間引き菜とアサリ。

IMG_6296.jpg

甘みをほとんど感じないおひたしで、スッキリとした仕上がり。あさりから出た出汁が効いていてなかなか旨かったです。



ネタケースの中には、太刀魚・貝柱・鯛・カンパチ・鰆・牛肉などがあったんですが、ここはあえての牛肉をチョイス(笑)。おでん鍋の横にあった七輪で網焼きしていただきました。

IMG_7124.jpg

これは普通かな。



おでんを注文。厚揚げとすじ肉。

IMG_3327.jpg

おでんの汁もサッパリ目。すじ肉もホロホロで旨いです。



どうやらここの味付けは、味醂や砂糖を極力使わない方針のようです。僕自身もそのような味付けが好きですので、とても共感がもてます。



お酒はこの辺りから熱燗を注文。亀齢の上撰かな。燗付けはおでん鍋の一角にあるお湯が張ってあるスペースで。おそらくおでん鍋を湯煎するためのお湯ではないでしょうか。

燗が出来上がったらご店主が一杯だけ注いでくれます。雰囲気出るなぁ。

このお酒、燗にしても旨いし冷めても嫌な所が出てきません。思わずもう1本追加して、鰆の味噌漬けの炙りも出していただくことにしました。

IMG_8115.jpg



西区己斐本町にひっそりと佇む、創業44年のお店『松園』。終始寛げるお店でしたよ。良いお店って、探せばまだまだあるんだなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2011.9)


■お店のデータ
松園
広島市西区己斐本町1-15-1
0822728896
営業時間・定休日:未確認


■松園の訪問記
松園2(2016.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック