2011年11月16日 (水) | Edit |
安芸郡府中町にある牛骨ラーメンが一押しのラーメン店です。

この日はたまたま仕事で東区の温品方面にいたものですから、以前友人から「床屋みたいなラーメン屋」との噂を聞いていた『さくら』を訪れてみました。



お店の場所は、府中町の中電変電所付近。

この辺りには僕が運転免許を取った時に通っていた自動車教習所の跡地が近くにあって、何だか懐かしい気分です。



駐車場の位置を聞こうとお店の前に車を停めたら、床屋の中から床屋のご店主と思われる男性が飛び出してきました。

「ラーメン?駐車場はあそこの黄色い所!」

ん?あの人って床屋の人だよなぁ、と思いながら車を停めて入店。すると先ほどの男性が厨房にいるではないですか!どうやらご店主お一人で床屋とラーメン店をされているとの事。何だか面白いぞ(笑)。

2011092011570000.jpg
※左の入口が床屋、右がラーメン店。


ご店主はとてもよくしゃべる方で、「TV見て来たん?誰かに聞いたん?」とお店の認知媒体の調査に始まり、

「おすすめの牛骨食べてみんさい!」
「うちの店が出たテレビ番組の録画見る?」
「うちのラーメンはねぇ、1才の子供が喜んで食べるんよ!」

など、矢継ぎ早にお店のPRをして下さいました(笑)。



普通であればうるさいと思われても仕方がないと思いますが、このご店主のキャラなら許してしまいます。



随分期待させるなぁと思っているところに出てきたのがこちら。牛骨しょうゆラーメン800円です。

2011092012110000.jpg

茶濁したスープに、もやしとそぎ切されたネギ、チャーシューがスライス3枚とほぐしたものが少々、メンマという具材達。



スープは椎茸の味が強目に感じられ、野菜由来と思われる甘みと昆布の風味に続き、牛の旨みが後口に残る感じ。牛はそんなに主張していません。

塩分や脂分は少なくサッパリとした味わいですが、その中にも旨みは感じられました。いりこやスルメイカ、干しえびなどを使われているという事でしたので、それらの出汁が下支えしているんでしょうね。

喉越しが良く、ゴクゴク飲めるタイプのスープでしたよ。



麺は中細ストレート。やや固めの茹で加減で、まあまあの旨さ。

2011092012110001.jpg



具材の中では、既製品っぽいメンマの風味が気になったのとチャーシューから感じるミント系のスーッとする味わいが僕には苦手でした。チャーシューにハッカが使われているのかなぁ?

食後感は非常に軽く、あの「じゅあん」のラーメンと同じくらい。



あ、そうそう。トイレに行くときに気付いたんですが、ラーメン店と床屋は同じ建物の中にあって、ドア一枚で繋がっていました。

友人は「床屋のようなラーメン」と表現していましたが、そうではなく「床屋でラーメン」が正解かなと(笑)。



強烈なインパクトのお店ですが、作られているのはしみじみと旨いラーメン。そのギャップを味わいに行くのも楽しいかもしれませんね。

ごちそうさまでした!!


※アイロンパーマ掛けてる最中にラーメン食べたい人が来たらどうするんだろうか?


※掲載し忘れました。メニューです。

2011092011580000.jpg

(2011.9)


■お店のデータ
さくらラーメン
安芸郡府中町城が丘17-16
0822859618
11:30~22:30
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
ものすごい店ですね~(笑)

しかし、保健所関係を絶対に無視してそうなところが、またディープですねw

行ってみたいです
2011/11/17(Thu) 22:39 | URL  | 増井 #1wIl0x2Y[ 編集]
増井さんへ
インパクトありましたよ、ココ。

保健所云々の事実は分かりませんが、増井さんの目の付け所が面白くもあり感心してしまいました~。
2011/11/18(Fri) 12:40 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック