白目をきれいに
2011年11月14日 (月) | Edit |
「INITY」で0次会を楽しんだ後は、本来の目的である紙屋町の『ほりかわ』を訪れました。そうそう、この日は旨い魚と旨い日本酒を楽しむことが目的だったんですよ。



注文したのは刺身の盛り合わせ、鮎の塩焼き、ヴァージンオイスター、キノコの天ぷらなど。

刺身の盛り合わせは7種類2切れずつで、タコ、あわび、鯵、鯛、さわら、秋刀魚、イカが出てきました。いつも旨いなぁ。

2011091719310000.jpg



続いてはヴァージンオイスター。

大黒神島周辺の海域で育成された牡蠣で、夏でも食べられるとの事。「かなわ」で食べられるのは知っていましたが、『ほりかわ』でも出されているとは!

サッパリ目の味わいで、後口にやや苦味を感じます。春の山菜のような味わいでした。

2011091719380000.jpg


キノコの天ぷら。椎茸、しめじ、エリンギ、マツタケが登場。これはそれなりの旨さかな。

2011091719500000.jpg



鮎の塩焼き。この日が天然鮎の最終入荷だそうで、そんなの見たら頼んじゃいますよねぇ(笑)。

2011091719280000.jpg

2011091719550000.jpg

出てきた鮎は立派なサイズで、お腹の辺りが少し赤くなっていました。これは婚姻色と言って、産卵期に入った目印なんだそうですよ。

皮はパリパリに焼かれ、身はホクホク。鮎特有の香りもしっかりと楽しめました。



お酒は利き酒セットで注文。

以前から飲んでみたかった西條鶴の神髄を真っ先に指名。他の2つは同行者にお任せ。どうやら亀齢と宝剣を頼んだみたい。

2011091719410000.jpg
※こうして並べるとどれがどれだか分かりませんね(苦笑)。

神髄は純米大吟醸の生原酒らしく、フルーティーな香りに濃醇な味わい。飲み口としては本州一の原酒が近いかな。



お腹に少しゆとりがありましたが、『ほりかわ』は以上で終了。次回は賀茂鶴の双鶴狙いだな。

ごちそうさまでした!!!

(2011.9)


■ほりかわの訪問記
ほりかわ(2011.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック