白目をきれいに
2011年11月08日 (火) | Edit |
先日の、と言ってもずいぶん前の事ですが、日本酒オフ会のお礼を兼ねて再訪。

エビス・ザ・ホップの中瓶からスタートして、七本槍(滋賀県の日本酒)を経由し、ワインをボトルでいただいてみました。

銘柄は覚えていませんが、2,600円位のフルボトル。すっきりとした辛口で美味しかったなぁ。



出していただいた料理。

前菜5種盛り合わせ。

2011090620050000.jpg

この日は、絹かわなすのウニのクリームソース乗せ、スモークされたハム(豚のモモかな?)、たこのオイル煮、鶏の明太子チーズ詰め、とうもろこしのムース、というラインナップ。

2人分出てきて1,200円。CP高いなぁ。



キスの昆布締め。この日はしっかり目に締め具合。適度な塩気にかぼすの果汁が加わり、思い出すだけでよだれが出るほど(笑)。

2011090620170000.jpg



絹かわなすのガーリックチップ乗せ。

2011090620320000.jpg

これも旨かった!オリーブオイルとグレープフルーツ(かな?自信はありません。。。)の果汁が掛けられた茄子の上に、カリッと揚ったガーリックチップが乗っています。

絹かわなすって、泉州ナスほどの水分は含んでいませんが、生で食べても旨いんですよ~。



低温調理した鴨肉。グレープフルーツベースのソースが掛かっています。

2011090620460000.jpg

これは少し残念。鴨の臭みが出ていました。



最後はぐじ(甘鯛)の松笠焼。

2011090620480000.jpg

「身と頭がありますけど」と言われて、頭をチョイス。うろこがパリパリで旨い!



そうそう、この日は鴨肉の付け合せに真っ赤な汁がにじみ出ている蕪のようなものが使われていました。

このお店にしては珍しく食紅で染めたのかなぁと思って聞いたところ、どうやらロシアの蕪の一種で、にじみ出ている赤い液体は素材本来のものだそうです。

こういう風に「どこで見つけてくるんだ?」と思うような食材が時々使われているのも、このお店の面白いところだと思います。

ちなみに、この蕪は中区の某食材店で見つけられたそうですよ。アンテナ張っていないと、こういうのって見つけられないんだろうなぁ。



また寄らせていただきます。

ごちそうさまでした!!!

(2011.9)


■ふうらい房の訪問記
ふうらい房(2010.4)
ふうらい房2(2011.1)
ふうらい房3(2011.2)
ふうらい房4(2011.6)
ふうらい房6(2011.12)
ふうらい房7(2012.4)
ふうらい房8(2012.8)
ふうらい房9(2013.3)
ふうらい房10(2013.7)
ふうらい房11(2014.2)
ふうらい房12(2015.6)
ふうらい房13(2015.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック