2010年04月07日 (水) | Edit |
昨晩は良く飲んだなぁ~。

部の決起会で流川の「獅魂」というお店に行ってきました。

3,800円の飲み放題付きですので大きな期待はしていませんでしたが、場の雰囲気もありなかなか楽しめました。

幹事さん、お疲れ様!



うちの会社の飲み会って、ほぼ必ず二次会あり。

しかも大カラオケ大会で2時ごろまで。部長の十八番がトシちゃん。

100°以上足が上がる45歳の部長って(笑)。

まぁ、そういうのは嫌いではないんですが、この日は美味しい日本酒が飲みたくて仕方がなかったので、早々と不参加を決意!

魔の手から逃れる策(いやぁ~、病み上がりなんで。。。というセリフです)も用意。



美味しい日本酒が飲める2軒目の候補として挙げていたお店は次の4店。

本命:ちょこっと屋

対抗:善吉

穴:楽車

大穴:みこし鶴一



終わった時間とお腹の空き具合でお店を決めることにしていました。

飲み会がお開きになったのは22時前。

準備していたセリフは使わず「失礼しまーす!」という言葉を残して、そそくさと退散。

思いのほか疲労感もなく、これなら横川まで行ける、と踏んでみこし鶴一に行くことを決定。

念のためにお店に電話を入れると、ラストオーダーは23時30分とのこと。

喜び勇んで流川を後にしました。



到着しました、みこし鶴一。

失礼ながら、店名と線路の高架下という立地から純和風な店構えを想像していましたが、なかなかオシャレです。

2010040622100000.jpg



店内は入って左手が、厨房とカウンター席6席ほど。

右手側にはテーブルが2卓だったかなぁ。2階もあるようです。

先客は3名ほど。みなさん常連さんっぽいな。



さっそく日本酒を注文。

お、前から飲みたかったのがある。迷わず注文しました。

秋田県は白瀑酒造の「どピンク」です。

2010040622130000.jpg

泡を飲んでいるような感じです。スフレといったらよいのでしょうか?

見た目とは裏腹に甘くないです。むしろ微妙な苦味もあり僕は結構好きだなぁ。

以前、善吉で飲んだ白(同じシリーズで、ど純米という名前)よりも好きです。



付出しと玉子焼きをつまんでいたら、ご店主から「(お酒の)関係者の方ですか?」と言われてビックリ。

そうか、迷うことなく頼まないもんな、このお酒。

だって「どピンク」っていう名前ですよ(笑)。



付出し
2010040622160000.jpg



玉子焼き
2010040622250000.jpg



2杯目は石川県「菊姫」山廃純米。

2010040622440000.jpg

うぉ、これは飛びきり酸味が強い。

困ったような顔をしていたんでしょう。ご店主から「燗にしましょうか?」と助け船が。

こういう配慮はありがたいですね。

酸味が強すぎると熱燗にした方が飲みやすくなるんです。



アテはご店主お勧めのタコ刺し。

何もつける必要がない位、タコ自体がおいしかったです。

2010040622580000.jpg



今日は2軒目ということもありこの辺で切り上げることにしました。

とても雰囲気の良いお店で、日本酒の品ぞろえも良いです。

すっかりお気に入りになりました!また来なくては。

ごちそうさまでした!!!

※オシャレな店内と時折聞こえる「ガタンゴトン」という列車の通過音がミスマッチで、なんだか面白かったです。

※このお店の情報をくれたnechigaesabotenさん、ありがとう!ふうらい房で会いましょう(笑)!

※「ど」のシリーズには青もあるそうですが、想像しただけで美味しくなさそう。。。でも一度は飲んでみたいな。

(2010.4)


■お店のデータ
みこし鶴一
広島市西区横川町3-1-26
18~24時(LO:23時30分)
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
つきだし
 僕はここのお酒も好きですが、突き出しも意外と好きなんです。
よくわからないものが出るので(笑)。

でも今回は普通かな?
ってそれが当たり前か。

お会いする時はお酒で乾杯を♪
2010/04/07(Wed) 23:45 | URL  | 寝違え@サボテン #-[ 編集]
Re: つきだし
ぜひご一緒しましょう。

サボテンさんとはひざを突き合わせてゆっくりと飲みたいですね。
2010/04/08(Thu) 07:39 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック