白目をきれいに
2011年08月26日 (金) | Edit |
以前は、新書やビジネス書を毎週2冊は読んでいたのに、最近は月に2~4冊程度。

ピークの頃の半分以下です。

まぁ、興味のある本が少ない事と、どんなノウハウ本を読んでも結局は心のあり方で決まる事が分かりましたので、読書量が激減したのかもしれません。



そんな折、書店で目に留まったのが福沢諭吉の「学問のすすめ」。そう、「天は人の上に人を造らず。」の本です。

2011082621520000.jpg

結構売れているんですってね。帯のコピーも「最強のビジネス書」とキャッチーな感じ。



普段ならスルーしているんですが、こうして手に取るのは2回目なので、何かの縁だと思い購入。まだ最初の10Pしか読んでいませんがなかなか面白いですよ。



特に気に入ったのは「自由」とは何ぞやという節。



「自分のお金を使ってするんだから、酒や女遊びにおぼれても構わないだろう。」という言い分に対して、「自由とわがままの違いは、他人の害になる事をするかしないか。」「たとえ自分のお金を使っているからといっても、他の人の悪い見本になるし人の教育にも害になる。浪費したお金はその人のものであっても、その罪は許されない。」

おぉ、なるほど!

コンビニの前でたむろして毒づいているヤンキー連中に聞かせてやりたいぞ(笑)。

俄然興味が出てきましたので、時間をかけて読んでみようと思います。



さて、一昨日は笹身と鶏もものひき肉を使って夕食を作りました。あ、豚もも肉のチャーシューも作りました。



1品目は笹身を使ったサラダ。手でちぎったサニーレタスを器に盛り、その上に玉ねぎスライスと茹でてほぐした笹身、ちりめんじゃこを乗せて完成。なんてカンタン(笑)。

2011082418230000.jpg


ドレッシングは、出来がイマイチだった自家製ポン酢をアレンジ。醤油と酢、オリーブオイル、黒こしょうを加えると装いも新たにドレッシングの出来上がり。

このドレッシングが望外に旨く、スパークリングが進む進む(笑)。

2011082418310000.jpg

最後の方になると、ポン酢とちりめんじゃこから出た出汁が混ざり合って、さらに旨くなってました。



2品目は毎週作っているチャーシュー。

前々回までは表面を焼いた豚肉を醤油メインのタレに漬け込んでいたんですが、どうも上手く豚肉の臭いが消えないもんですから、前回からは煮込むことにしたんですよ。



今回は豚もも肉を1時間茹でて、更に1時間タレで煮込みました。

2011082417130000.jpg

ざらめによるコクが加わってまあまあの出来かなと。



3品目は鶏そぼろ丼。

2011082419420000.jpg

玉ねぎとひき肉を炒めてかえしで味付けし、生姜を加えただけ。色的に寂しいですが、味的には良い出来でしたよ。



毎週水曜日はこんな感じで料理していますが、上手くいった時しか記事にしていません。なので、料理上手とかって勘違いしないでくださいね。

失敗した時は、そりゃ、もう、酷いもんですから(苦笑)。


その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック