2011年09月11日 (日) | Edit |
※閉店確認済。


東京駅斑鳩」でお昼にラーメンを食べた後、江東区にて仕事を済ませたのが16時30分頃。

予定よりも1時間以上早く終わってしまいましたので、ちょっと欲を出して東京駅ラーメンストリートにある、つけ麺の「六厘舎」に向かいました。



東京のラーメン事情に疎い僕ですら名前を聞いたことがあるつけ麺のお店で、ネームバリューにおいては「大勝軒」と双璧。

「六厘舎」は超人気店のため、お昼時には1時間半~2時間も待ちます。前回の出張の際には余りの長蛇の列のため諦めたほど。



今回は17時前に着けるかも!

意外とすんなり入れないかなと思ったのですが・・・



甘かったです。



実際に着いたのは17時10分頃でしたが、既に1時間待ち。。。帰りの新幹線の時間を考えると1時間待ちはキツイので諦めました。

※今思えば、持ち帰りを買っておけばよかったなぁ。



さて、どうしよう。。。

お昼にもラーメン食べたので普通のじゃ面白くないよなぁと思い、眼を付けたのが、「まぜそば」が一押しらしい『ジャンクガレッジ』。

2011073117390000.jpg

待ち客も2~3人なのでそんなに待たずに済みそうだという打算も働きました。



事前情報は何も持たずに入店し、よく分からないままに一押しらしい「まぜそば」の食券を購入し入店を待つ事に。

すると店員さんが近寄ってきて、「食券をお預かりします。トッピングはどうされますか?」と差し出されたのがこの札。

2011073117210000.jpg

「何もいりません」と反射的に答えたものの、このトッピングメニューは、『ジャンクガレッジ』が、あの「らーめん二郎」の系列である事を示唆しています。

※ラーメン二郎をご存じない方はこちらをご参照ください。

すると僕の後客がラーメンを注文したらしく、例の呪文を唱え始めました。



「肉マシ、にんにくマシマシで!」

これは、もう間違いない(笑)。



10分ほど待って入店。通されたテーブルにあったトッピングの説明。

2011073117260000.jpg

なるほどね(笑)。



着席から5分ほどでまぜそばの登場です。

2011073117290000.jpg



まず眼に入るのは極太縮れ麺。

その上に、卵黄、鰹節、キャベツ、太もやし、揚げにんにく、チャーシューが乗っています。かき混ぜる時に気づいたんですが、丼の底にかなり濃いそうな茶濁スープが入っていました。



とりあえず、しっかり混ぜてからいただきました。

思ったほどの弾力はない極太麺に卵黄がまとわりつき、そこに揚げにんにくのエキスが溶け出した濃厚な動物系スープのジャンクな味が加わって、これは中毒性のある旨さです。

そして下品なほどに、ズズズッとすすり上げた方が旨い(笑)。

2011073117300000.jpg



広島にこのお店が出来て流行るかどうかは分かりませんが、僕は気に入りました。もう一度行く機会があれば、僕も「マシマシ」って使ってみようかな(笑)。

ごちそうさまでした!!!


※トッピングにベビースターがありました。食べる前は疑問に思いましたが、食べた今は相性の良いトッピングだと思います。


※今度倉敷にできるそうです。

(2011.7)


■お店のデータ
ジャンクガレッジ
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅一番街地下1階ラーメンストリート内
0332860167
11:00~22:30
定休日:未確認
まぜそば750円


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック