白目をきれいに
2011年08月18日 (木) | Edit |
ちょっとした団体旅行で鹿児島に行ってきました。

広島~博多間はのぞみで行き、博多からは「さくら」に乗り換えて鹿児島へ!

2011071211010000.jpg

広島駅からだと新幹線の乗り換え含めて3時間ほどで鹿児島中央駅に着くんですね。思ったよりも早くて快適でした~。



到着した日は、有無を言わさず全員でバス観光。

2011071213100000.jpg

2011071213360000.jpg

2011071214210000.jpg



そして、途中で立ち寄ったお土産屋に日本酒有りとの張り紙を発見。鍋島(佐賀県のお酒)辺りが置いてあったら最高に素敵なんだけどなぁと思いのぞいてみると、そこにはこんなお酒が。

2011071213510000.jpg

よりによって賀茂鶴かよorz

※ちなみに鹿児島県は47都道府県で唯一日本酒を作っていない県なんです。なので期待はしていませんでしたが。。。



まぁ、そんなこんなで初日が終わり、2日目の朝が来ました。

2日目は観光やゴルフに加えて自由行動も出来ましたが、もちろん自由行動をチョイス。そして、この日の行動予定は僕の方で立案済み。

「刺身で朝酒 → 鹿児島ラーメン連食 → 銭湯で休憩 → 地ビールに舌鼓」という行程でしたが、なかなか楽しい食べ歩きツアーとなりました。



そのツアーの1軒目に訪れたのが、鹿児島市の魚市場内にある『市場食堂』。

刺身で朝酒ですよ!

たまりませんなぁ(笑)。



宿泊先の指宿市から鹿児島中央駅まで、JRに揺られること1時間少々。

鹿児島中央駅からはタクシーで魚市場の入口へ。そこからは守衛さんに許可を取って入場し、徒歩で『市場食堂』へ向かいました。守衛さんの詰め所からは2分と掛からずに到着です。

趣があって良いですねぇ。

2011071310340000.jpg



客席はカウンター席・テーブル席・小上がりがぎっしりと並んでいます。僕たちは小上がりを使わせていただき、早速生ビールで乾杯!!

カウンター席の上にメニューが掲示されていますが、定食物がほとんど。

2011071310350000.jpg

この後の行程を考えると定食物でお腹を満たすのは得策ではないと思い、刺身の盛り合わせを単品で注文してみました。

2011071310450000.jpg

※写真は1人前です。

カンパチ・よこわマグロ・鯛・鯵・キビナゴ等、7種類が数枚ずつ。結構量がありますねぇ。



旨い旨いと食べていると、若手にはボリューム不足だったようで、うに丼2つが追加オーダーされました。

2011071310510000.jpg

僕も一口だけ食べましたが、ミョウバンの苦味は無く、甘くコクのあるウニで旨かったです。

※そいや、このウニの産地はどこだったんだろう?



首折れ鯖の刺身がありましたので、単品で追加。

2011071311040000.jpg

首折れ鯖って、獲った後すぐに首を折って鮮度を保つ事から来ているのですが、その割には身が柔らかかったなぁと感じました。

以前、釣り船で釣った鯖を船頭さんがすぐに首を折って下さって、その時船上で食べた刺身は身の引き締まった歯応えがしたんですよ。



そんな事を考えているうちに後客がどんどん入ってきて、あっという間にほぼ満席に。僕たちも長居しては行程に響くので、早々に退散。4人で訪れて一人当たり2,000円程度でした。



魚の味は一定レベル以上のものを味わう事ができましたし、雰囲気も満喫できてなかなか楽しかったですよ。これで醤油が甘くなければ万全だったんですがねぇ(苦笑)。

ごちそうさまでした!!!


※鹿児島の醤油は甘い!想像以上でした。


※でも、それを含めて食文化の違いが楽しめたので良しとしましょうかね。

(2011.7)


■お店のデータ
市場食堂
鹿児島市城南町37 鹿児島市魚類市場内
0992249864
5~15時
定休日:日曜・祝日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック