白目をきれいに
2011年08月14日 (日) | Edit |
※閉店確認済。


【記事に先立ちまして】

 本日、来訪者カウンター20万ヒットを達成できました。
 これも、このブログを読んでいただいている皆様のおかげです。

 ヒット数は多ければ良いというものではありませんが、
 たくさん読んでくださっているんだなぁと励みになります。

 今後も地道にブログ運営を続けてまいりますので、
 ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 oomin拝



↓記事はここから


「ずぼら創業50周年を記念して、7,000円のコースを4,000円でご提供」とのお葉書をいただき、「そりゃ見逃す手は無い」と思い、行ってきました。



過去の訪問記でも書きましたが、『ずぼら』とのお付き合いは結構長くて、15年位。

それなのに50年もやってらっしゃったとは露知らず(苦笑)。



さて今回のコースですが、八寸、刺身、揚物、煮物、鮨という流れ。量は結構多めで、50代以上のお客だと鮨を全部持ち帰る人もいるそうですよ。

まずは八寸。

タコの煮物・自家製豆腐・虎はぜの南蛮漬け・魚の子の・小鰯のユッケ・能美のキングトマト・ジュンサイが出てきました。

2011070519110000.jpg

小鰯はわざわざユッケ風の味付けをしなくてもと思いましたが、それ以外は万全の美味さ。タコのほっこりさっくりとした旨さが特に印象的でした。



刺身です。

2011070519200000.jpg

大トロ・中トロ・タイの雲丹乗せ・夜鳴貝・鰹のたたき・鯵の6品。鯛はもう少し寝かした方が旨いかなと思ったのと、鯵は脂の乗りも適度でかなりの旨さ。



乾杯で飲んだビールは早々に空け、既に日本酒(松竹梅生もと)にスイッチ。



オコゼの唐揚げ、鯛のかぶと煮。

2011070519350000.jpg

2011070519450001.jpg

鯛はおそらく全長40センチ近いものの頭をお使いだと思います。大きくて食べ応え満点!



握り11貫と太田川の蜆を使った味噌汁。

※おや?写真撮り忘れてるのがあるぞ。。。


鯛昆布〆
2011070520220000.jpg


2011070520240000.jpg

海老
2011070520250000.jpg


2011070520270000.jpg


2011070520290000.jpg

いくら
2011070520310000.jpg

赤身
2011070520320000.jpg

にし貝
2011070520350000.jpg


いや、もうお腹一杯(笑)。

20代向けの量じゃないかと思うほど出てきました。



大将のお人柄なんでしょうね、店内にピリピリした雰囲気は無いですし、ほぼ明朗会計。

※一部時価のものもありますが、聞けば教えてくださいます。

そして、いつも思うんですが、『ずぼら』の魚介類はとても洗練された綺麗な味わいの物が多いんです。ワイルドなのも好きですが、綺麗な味のものも良いですねぇ。

次は秋かな。

ごちそうさまでした!!!

(2011.7)


■ずぼらの訪問記
ずぼら(2010.4)
ずぼら2(2010.9)
ずぼら3(2011.3)
ずぼら5(2011.11)
ずぼら6(2012.8)
ずぼら7(2013.2)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック