2011年06月28日 (火) | Edit |
訪れたのは5月25日(水)。

この日は胡町の大和屋酒舗が主催する「日本酒燦々」の日だったんです。

詳しくは昨年の記事に紹介してありますが、日本酒好きなら欠かす事のできない一大イベント。しかし、それよりも優先すべき家庭内行事(ま、少し遅いカーネーションってやつですな)がありまして、南区出汐にある『真古里』という焼肉店を訪れました。

2011052518140001.jpg



焼肉店とは思えない外観です。

2011052518140000.jpg

西洋アンティーク店、あるいはフレンチ・イタリアンのお店と言われても違和感がないですね。



店内は思ったほど広くなく、その65%程度を厨房が、残りの35%が客席やレジなどで占めています。

店員は3名。この中で最も年長者と思われる方が女性で、残りの2名は男性。想像していたのよりもずっと若い雰囲気のお店です。



食べ物のメニューです。

2011052518200000.jpg 2011052518200001.jpg

肉類は1,000円程度のものがメイン。サイドメニューも充実しています。とりあえず、焼き物をいくつかとサラダ、生物などを注文。

熱源は炭。中を覗き込んでみると、細めの炭が使われていることが分かりました。

2011052518230000.jpg



ねぎ塩タンです。

2011052518270000.jpg

両面を焼いてネギを巻きレモンに付けて食べました。タンの香りがふんわりと感じられ、なかなか旨いタンです。



コウネ。

2011052518270001.jpg

こちらはタンと同じ食べ方。コウネの赤身の味が強めで、こちらもなかなか。



つらみです。牛のほほ肉だそうです。

2011052518310000.jpg

きしっとした歯応えであっさり目の味わいでした。塩焼きは以上。



ここからはタレ焼きで。

まずはミックスホルモン。小腸・ガリ・白肉・せんまい・パイプ(丸いままの小腸)が一皿で出てきました。

2011052518450000.jpg

この中では小腸が特筆すべき旨さ。硬いなんて事はまったくないですし、脂が甘くて旨いです。白肉は焼いた貝柱のような歯応え。こちらも上々の旨さでした。



ハラミ。

2011052519080000.jpg

口に入れた途端、一同「おぉー」と声を上げるほどの旨さでした。



〆の冷麺と石焼ビビンバです。

2011052519350000.jpg

2011052519300000.jpg

冷麺は酸味が控えめ。サッパリして旨いです。ビビンバは、まあまあかな。



肉のレベルは高めですが、どちらかというと内臓系の方がレベルが高いお店なのかなと感じました。

お代は少々高めですが、明るくはきはきとしたサービスが気持ちの良いお店です。再訪する機会があれば、内臓系をガッツリ食べてみたいですね。

ごちそうさまでした!!!


※会計の時に予約時の電話代ということで10円返して下さいました。ちょっと嬉しい心遣いですね。

2011060109490000.jpg

(2011.5)


■お店のデータ
真古里
広島市南区出汐3-9-16
0822501717
17:00~23:00
定休日:月曜日


■真古里の訪問記
真古里2(2012.7)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
 この2号線を挟んだところにある“みつる”が吾輩の焼肉ホームグラウンド。
移転する前、と言うか店出し始めた頃からの付き合い。
でも2回位行ったけど真古里もレヴェル高いンですよねぇ。
一人で喰ってると
「暮維持さん!ホルモン系がお好きな様で…」
と予約時の名前で呼んでくれお勧めを色々説明してくれる。
なかなかナイスなお店。

 とは言え、義理を欠くわけにもいかず(不味くなったとかなら話は違ってくるけど)行くのは“みつる”。
と言うか“みつる”の客はファミリー層だが、“真古里”はデート、ランデヴーをしているアベックしかいなかったので……ちくしょ~~~~~!!!!!!
地球滅びろ!!
2011/06/28(Tue) 23:16 | URL  | クレイジーピエロ #-[ 編集]
クレイジーピエロ様へ
>と言うか“みつる”の客はファミリー層だが、“真古里”はデート、ランデヴーをしているアベック

確かに、真古里はファミリーで訪れる雰囲気ではなかったですねぇ。
オシャレ系(?)焼肉とでも言いましょうか。

みつるも気になりますが、東雲の例のところも気になります。
と言うか、東雲は未開拓なので、いつか行かなきゃとは思ってるんですがねぇ。。。
2011/06/29(Wed) 10:22 | URL  | oomin #-[ 編集]
 マジレスさせていただくと“焼肉”は“一番肝心な最後の調理を客に委ねる”料理。
どんなにグレートな肉で良え味付けでもそこでヘタを打てば台無しになるのでそれを心にとめて置いてね。
 因みに吾輩は焼き肉を食いに行くとある意味ズッと緊張している。
だって肉をキチンと焼かなきゃいけないから。
そして同行者がいる場合はそいつらにキチンと喰わせないといけないから。
だってそうぢゃ無いと店、何よりも命を捧げさせてる牛に申し訳が無いから。
 しかも“みつる”は唯一のデザートで“セルフソフトクリーム”がある。
これが…物理的限界の6段半をやらねばならぬので、余計なのであった。(^。^)
2011/06/30(Thu) 01:30 | URL  | クレイジーピエロ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
確かに、焼き方って大事だなぁと思うんですよ。

自分は余り上手い方ではありませんので、肉の焼き方、是非お教えください<m(__)m>

2011/06/30(Thu) 20:41 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック