2011年06月26日 (日) | Edit |
月に2枚、年間24枚はお好み焼きを食べる。

そう決意して今年が始まったはずなのですが、数えてみると、まだ4枚。。。

ペースが上がらないのは、こんな決意をした事自体忘れていたというのが一番の理由なんですけどね(苦笑)。

※そもそも決意して食べるほどの枚数じゃないかも(笑)。



時は5月下旬。

そろそろ汗ばむ季節となり、僕の勤め先でも例年より前倒しでクールビズが始まりました。

こんな時は冷たいものが食べたくなるものなんですが、僕はあえてお好み焼きを食べに行きました。暑くなると人が減って鉄板前に陣取れる確率が上がりますのでね。



この度訪れたのは、勤務先界隈で前から気になっていたお好み焼き店「YUBU」です。

2011052412560000.jpg
※実は「YABU」だと思っていたのは、ここだけの話だ(苦笑)。



12時30分頃の入店でしたが、前客は男性4組とおひとりさまの男性のみ。後客は若い女性2名。少し少ない気もしますが、季節的にそろそろ客足が遠のきますもんね。



メニューです。

2011052412270000.jpg

2011052412270001.jpg

へぇ~鉄板焼きメニューもあるんだ、と思ってメニューを眺めていたら、僕の心を見透かされたのか、「鉄板焼きメニューはない事が多いんですよ~。夜は19時30分までですし。」と教えていただきました。

あぁ、そうなんですねぇなんて言いながら、お好み焼きの肉玉そば720円を注文。



焼き方はこんな感じでした。

やや粘度高めの生地を敷き、多めの魚粉、キャベツ、塩胡椒、天かす、水にさらしてあったもやし、豚バラ2枚の順で乗せます。

麺は、いその製麺の生麺。茹で上がったら鉄板上で丸く整形し、出汁、塩、ガーリックパウダーで味付け。

本体とそばを合体させ、割った卵に乗せ、半熟部分がないようにしっかり目に火を通します。

仕上げにカープソースを薄く塗り、青海苔、塩胡椒、ガーリックパウダーを掛けて完成。

2011052412360000.jpg



焼き方の特徴と言えば、つなぎは使わない・ラードは頂上に乗せず鉄板に敷く・本体をヘラで押さえつけない(高温の鉄板で一気に蒸し上げる)・そばにソースで下味を付けない、の4つ。際立った特徴はありません。

しかし、旨いお好み焼きを作りたければ、下手な事はせず自然体で焼けば良い。そういう主張をされているようなお好み焼きだなと感じました。



そばの表面は程よくパリパリ。キャベツはほっこりと蒸し上げられています。

全体的に軽く仕上げられた旨いお好み焼きでしたよ。

唯一残念なのは、焼きうどん・焼きそばが13時以降しか注文できない事。注文できたら、早めに再訪するんだけどなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2011.5)


■お店のデータ
YUBU(ゆぶ)
広島市中区鉄砲町7-2
0822218989
11:30~13:30
17:30~19:30
定休日:日曜・祝日


■YUBUの訪問記
YUBU2(2012.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック