白目をきれいに
2011年06月09日 (木) | Edit |
旧友との再会と「暗澹倶楽部」を楽しんだ翌日。福山在住のツイ友さんと一緒に昼酒を楽しみました。

朝は福山駅で福山ラーメンなるものを立ち食い。

2011050508570000.jpg

中途半端な尾道ラーメンという感じ。

地雷覚悟でしたが、そこまで酷いものではありませんでしたよ(笑)。



朝食後は福山城公園をぶらりとして時間をつぶし、約束の時間に約束の場所へ。

早速、昼酒開始!!

1軒目は、洋食の「ともんちゃ」を訪れました。

2011050512040000.jpg



こちらは福山駅前の繊維ビルに入っておられたんですが、再開発に伴う立ち退きにより現住所に移転、開業されたんだそうです。

その時に店名も変えられたんでしょうか?店内には「ともちゃん食堂からともんちゃへ」的な掲示物があったように記憶しています。



さて、こちらでは1軒目ということでデミカツと肝カツを注文。

デミカツは思ったよりもアッサリ。

2011050511420000.jpg

デミグラスソースは僕にとってはそう重くなく、口飽きしない作りに感じました。



肝カツはなかなかの旨さ。

2011050511450000.jpg

実は、熱がしっかりと入った肝って苦手なんですが、ここのは旨い旨いとパクパク食べられました。

何と言うんでしょう、肝に絡んでいるソースがちょっと甘みがあるし、酸味も感じたりして、臭いを消してくれているんでしょうかねぇ。



そうそう、お店のスタッフは4人ぐらいだったでしょうか。いずれも洋食・食堂のおじさんおばさんと言った風体。この方たちが作る料理なら、旨くないわけないと思えるほど。
※完全なる僕の主観です(笑)。



この後、欧風カリーの「ボック」と昼酒の聖地「自由軒」に行くのですが、僕の心を最も捉えたのは『ともんちゃ』です。

普段、あんまり洋食って食べないんですが、オムライスやハンバーガーなど、このお店の引き出しをもっと開けてみたい、直感ではありますがそう思わせてくれるお店でした。



次回の訪問はいつになるか分かりませんが、福山を訪れた際は1品だけでも食べに寄りたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2011.5)


■お店のデータ
ともんちゃ
福山市伏見町4-3
0849231129
11~21時
定休日:水曜日
上記料理とビール中瓶2本で1,400円。安!


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック