白目をきれいに
2011年06月06日 (月) | Edit |
日が落ちて2時間ほど経つ公園で、付き合い始めたばかりの男女二人がベンチ並んでに座っていた。

男は何だかそわそわしている様子。

機会を狙っているのだろう。女はそれに気付いていないようだ。





日が落ちて2時間だと、公園を突っ切って向こうに向かって歩く会社帰りのサラリーマンが、時折二人の前を通りかかる。

サラリーマンたちにとっては、似たようなカップルを何組も見ているので、日常の風景として頭の中で処理されているんだろう。

しかし、男はそんな人の目をひどく気にしているようだ。





その刹那、人が途切れた。

男は行動に移す。キスをしようと顔を近づけたその時、女の口から出た断り文句に、うぶな男は腰を抜かすほど驚いた。

さて、女は何と言ったか?










「またにして。」








日が落ちて2時間ほど経つ公園で、付き合い始めたばかりの男女二人がベンチ並んでに座っていた。

女は何だかそわそわしている様子。機会を狙っているのだろう。男はそれに気付いていないようだ。


日が落ちて2時間だと、公園を突っ切って向こうに向かって歩く会社帰りのサラリーマンが、時折二人の前を通りかかる。

サラリーマンたちにとっては、似たようなカップルを何組も見ているので、日常の風景として頭の中で処理されているんだろう。しかし、女はそんな人の目をひどく気にしているようだ。



その刹那、人が途切れた。


女は行動に移す。キスをしようと顔を近づけたその時、男の口から出た断り文句に、甘えん坊な女は腰を抜かすほど驚いた。

さて、男は何と言ったか?








「たまにして。」








僕が小学生だったか中学生だったかの頃に地元で流行った小噺でした(笑)。


※特に、解説はいたしませんので(笑)。


その他の日々のことに関する記事はこちらからご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック