2011年05月02日 (月) | Edit |
南区の京橋町にオープンした「ベーグルイン」でベーグルを買って事務所で食べようかなと思い、自転車でお昼の買出しに出発。

このお店って、ツイッターでもちらほら見かけますし、中区中町の「チェルシーベーグル」と比べてみたいというのもありましてね。

自転車で京橋を渡った所に「ベーグルイン」はあるのですが、何とこの日はお休み。。。

う~ん、残念。またの機会にしますか。
※お店に車が突っ込んできたという事で現在休業中。先日、店頭の張り紙で確認しました。



と言うことで踵を返して中区に逆戻り。

テイクアウトでは利用したことがない『かぶと屋』へ行ってみました。
※あ、そう言えば、前回訪問した時も「西田屋」に振られたから行ったんだった。ごめんなさい。次は真っ先に行きますからね。



ここはお店の入り口とは別にテイクアウト窓口があります。
2011040412100000.jpg

でも上げ下げ窓なので会話がしづらいなと思い、お店に入ってテイクアウトを注文。タイカレーが良かったのですが、月曜日はやっていないとの事。



テイクアウトメニューは、「お母さんカレー」か「中華丼」の二択でした。

すでにカレー気分でしたので、「お母さんカレー」を注文。上に乗せるおかずは、金平ゴボウ、かぼちゃの煮物、台湾煮豚の3種から選択可能。金平と一瞬悩みましたが、無難に(?)台湾煮豚をチョイス。

ご飯大盛りで550円。なかなかリーズナブルなお値段です。




テイクアウト用の容器はカレー専門店のそれとは違いますので、少し斜めになるとカレーが漏れます。そう、密封性が甘いのです。僕は自転車で持って帰ったのですが、少し漏れてしまいましたorz

ご利用の際にはお気を付けください。



これが、テイクアウトのお母さんカレー。
2011040412170000.jpg

器の周囲がカレーで汚れているのは前述の理由のため。一応、拭いてみたんですけどねぇ(苦笑)。



付けてくれたスプーン、というかレンゲ。
2011040412180000.jpg

薄いプラスチック製というところが、郷愁を誘います(笑)。



赤米が混ざったご飯に、既製品っぽいカレー。おかずの台湾煮豚とサラダという内容。

この値段なら満足ですね。

あ、台湾煮豚は、豚のそぼろとサイコロ状にカットされた豚肉、細もやしを何らか味付けして煮たもの。カレーと一緒に食べましたので、味の詳細は不明。



ちなみに台湾煮豚の中からこんなものを発見しました。
2011040412220000.jpg

八角ですね。体に良いと聞いていましたので試しに食べてみました。ガリッと硬くて八角の香りが口の中に広がります。って、当たり前か(笑)。



そういえば、店内のレイアウトが変わっていました。以前は、目の前の道路に垂直になるように並べられていた長机が、並行になるように並べられていました。

壁付けのカウンターはなくなっていました。



そして大きな変化はメニュー。

特に日本酒の充実度は目を見張るもので、美和桜があるのは珍しくないのですが、而今や神雷、遊穂の純米が登場。

焼酎も増えているみたいです。僕は焼酎には詳しくはないのですが、以前、酒商山田のHPで見た「ちんぐ」と言う焼酎がメニューにあったような気がします。

一品物も増えているように思いましたので、何か面白い変化があったのかもしれません。夜、行ってみようかなぁ。
※行きました(笑)。レポートは後日。



あ、カレーはそこそこ旨かったですよ。

ごちそうさまでした!!!

(2011.4)


■かぶと屋の訪問記
かぶと屋(2010.7)
かぶと屋2(2010.11)
かぶと屋4(2011.4)
かぶと屋5(2011.5)
かぶと屋6(2011.6)
かぶと屋7(2011.8)
かぶと屋8(2012.2)
かぶと屋9(2016.4)
かぶと屋10(2016.5)
かぶと屋11(2016.9)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック