2010年03月22日 (月) | Edit |
今日の昼下がりの事。

部下とパートさんがこんな会話をしていた。



部下「このエコバッグ、本通にあるショップと ‘もあ’ のコラボなんです。」

パートさん「 ‘りばてぃ’ 柄ですね。」

部下「これ ‘すぴっくあんどすぱん’ なんですよ。」

パートさん「へぇー、そうなの?」

※大まかな記憶に基づいて書いているので違っていたらごめんなさい、お二方。



↓話題になっていたエコバッグはこれ。

(全景)
2010032213540000.jpg

(アップ)
2010032213540001.jpg

このエコバッグが女性陣の間で話題となり、かなり盛り上がっていた。

しかし隣で聞いている僕には、何が何やらよく意味が分からない。

そこで色々聞いてみると、このようなことが分かった。



・もあ=more 若い女性向けのファッション雑誌

・りばてぃ柄=花柄

・すぴっくあんどすぱん=Spick & Span 洋服や靴等のセレクトショップの店名

どうやらこのエコバッグは、若い女性が買うファッション雑誌とおしゃれなセレクトショップが合同で作った雑誌の付録だったそうだ。



僕は、このエコバッグを少し前から彼女が持っていたのは知っていた。

内心、随分ババくさいのを持っているなぁと思っていた。

昔、母親が持っていた手提げ袋にとても似ている。

大根やネギが持ち手のところから出ていそうな佇まいだ。

今見てもババくさいと思う。

という心情を「前から思っていたんだけど・・・」と彼女たちに吐露したところ、部下には「えー!(最新だと思って持っているのにババくさいだなんて)衝撃的!」、パートさんには「そういう風に感じる年なんですよぉ!」と大爆笑された。




実はパートさんのこの言葉には伏線がある。




今朝の話。

僕のチームは毎朝、ミーティングと称して仕事に関する気付きを共有したり、その日の流れによっては雑談をしたりという時間をとっている。

このミーティングの中に伏線があったのだ。



パートさん曰く、「年を取ると、今の流行り物が新しい物には見えなくなるんですよ。」

昔流行った物が今、再流行しても「あぁ、若い頃に流行ってたあれね。」となってしまい新しさを感じなくなるんだそうだ。

そんな話があって、エコバッグの件でのパートさんの発言だ。

「そういう風に感じる年なんですよぉ!」

いやぁ、まだまだ若いつもりだけど、僕も年をとったのかねぇ(笑)。

※cherとかアニエスのエコバッグは、柄が古臭く感じないので新しいものとして認識できるんだけどなぁ。

※僕と同世代(30代半ば)以上のみなさん、どう思います?僕は古臭いと思うんだけどなぁ。。。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
質感
リバティ柄云々はともかく


雑誌の付録で
提供可能な材質に


どんな柄を載せても


オバサン臭さは


拭えません(笑)


付録を充実



ではなく



中身を充実させなきゃ


本末転倒ですよね~


持ち主に依っても


モノの善し悪しは
左右されますから


常に、品の有る人間でありたいですよね
2010/03/23(Tue) 19:23 | URL  | sapphire1181 #EXr3TcQ6[ 編集]
Re: 質感
本質的なお話をありがとうございます。

僕は昔、付録に負けて学研の通信教育をしていたので
まさに、本末転倒の見本です(笑)。

しかし、いつもながら、鋭いですね。
さすがです。
2010/03/23(Tue) 20:47 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック