白目をきれいに
2011年04月11日 (月) | Edit |
RENGE、とく一、わだち草。

いずれも一度は行ってみたいと思っている、うどんの名店。これら3店は微妙に生活圏から外れていますので、何かきっかけがないと「行こう!」ってならないんですよねぇ(苦笑)。



この度は仕事仲間のKさんから「寒い日には『とく一』のカレーうどんが旨い」と強い勧めを受けたことがきっかけで、『とく一』を訪れる事ができました。

2011030911220000.jpg



さて、訪れたのは11時30分頃でしたが、先客は3名。しかし12時が近づくにつれてお客が増え、待ちが出るほどでした。人気があるんですねぇ。

店内は狭く、カウンターが4席と4人掛けのテーブルが2卓。男女2名でお店を切り盛りされています。



席に着いて、まずはうどんを注文。僕はカレーうどんを勧められておきながら、ぶっかけを注文。妻は釜揚げを。

いやぁ、初めてのお店なので、うどんの状態を知っておきたいじゃないですか。

だったら、カレーうどんよりも「ぶっかけ」や「ざる」かなと(苦笑)。ごめんなさいね、Kさん。



こちらのお店はうどん以外はセルフなんですね。

おむすびと揚げ物は入口付近の棚に並んでいますので、そこから自分で取り、会計時に自己申告。

2011030911230000.jpg

白ご飯は炊飯ジャーがありますので、自分でよそって、これまた会計時に自己申告を。



うどんが茹で上がるまでに時間が掛かるとの注意書きがありましたので、ちく天といか天をもぐもぐ食べながら待つ事にしました。

2011030911240000.jpg

揚げたてではありませんが、どちらも旨いですね。ちく天のほのかな甘み、いか天のプリッと感。なかなか良いです。



注文から15分くらいは待ったでしょうか、ぶっかけうどんの登場です。
2011030911410000.jpg

うどんが隠れるくらいの、海苔・ネギ・大根おろし・おろし生姜・卵黄。

上からツユを掛けてまぜまぜして食べる事に。



ん!うどんのコシが凄く強い!
2011030911430000.jpg

かなりギッシリとしたうどんで、ムチムチ・シコシコというタイプではないように感じました。

固めのうどんって、芯の部分が粉っぽい事があるんですが、『とく一』のはそんな事ないですね。小麦の香りもふんわりと感じられます。個性的で、なかなか旨いうどんだなぁと感じました。



妻が頼んだ釜揚げです。
2011030911360000.jpg

温かいうどんだからでしょうね、うどんの歯応えは柔らかく、これはこれで旨いと思います。

うどんもお店によって違いがあって面白いですね。今年はうどん店を巡る年にしてみようかな。

ごちそうさまでした!!!


※僕は、塩分が残ったタイプのうどんが好きなんですが、広島にはないのかなぁ。

(2011.3)


お店のデータ
とく一
広島市中区光南1-13-12
0825411091
11:00~19:30
定休日:日曜日、第三月曜日
ぶっかけうどん630円 揚げ物90円/個


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いつも参考に(食べた気に)させて頂いております。

私は「わだち草」で生醤油うどんの温かいのを先ず、何もかけずに食べた塩分加減?が好きなので、

oominさんの言われる

>塩分が残ったタイプのうどん

がそれに当たるか分かりませんが、参考になればと思い、初コメントさせて頂きました。
2011/04/12(Tue) 15:50 | URL  | なおぺい #-[ 編集]
なおぺいさんへ
なおぺいさん、はじめまして。

塩分が残ったうどんというのは、香川県善通寺市の山下というところで食べたうどんの事なんです。

うどんの塩分が僕にはちょうど良くて旨いなぁと思ったんです。


実は、明日のお昼にわだち草に行こうかなと考えていました。

友人たちからは「きんつばが旨い!」と聞いていますが、うどんも楽しみです。


また記事にしますので、読んでやってください。


2011/04/12(Tue) 17:42 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック