白目をきれいに
2011年03月17日 (木) | Edit |
◎2015.1 閉店確認済み


仕事帰りに見つけた気になる路地。中区立町にこんな路地があったんだなぁと思うような路地。
IMG_0547.jpg

その奥に見つけた左の光が、この度訪れた「凛」の看板の明かり。

あえて事前に情報は調べず、勘で見つけたお店を楽しんでみる事にしました。さて、どんなお店なんでしょうか。



お店の場所は「ROUND1」の裏。

外壁と扉は木で誂われていて、薄暗い照明がいくつか。その扉を開けて中に入ると、そこは木をふんだんに使った空間。薄暗い照度とお店の奥まった位置が、隠れ家的な雰囲気を高めてくれます。



1階は厨房を取り囲むようにL型のカウンター席が。上に上がる階段が見えますので2階にも席があるものと思われます。

お店の切り盛りはご店主お一人。白髪をオールバックにされて作務衣を着た几帳面そうな方。お店の雰囲気といい、作務衣といい、何だか「なわない」っぽいお店です。

何か関係があるのかなぁ。。。



こちらのお店は突出が出されませんでしたので、すぐに出てくる物ということで骨せんべいを注文。
IMG_7140.jpg

穴子と河豚の骨せんべいです。穴子の骨は香りが良く、こりゃ旨いねという一品。



ちょっと期待して刺身の盛り合わせを注文。蛸、小柱、烏賊、鰹のたたきが出てきました。
IMG_3939.jpg

烏賊にはとびこ(トビウオの卵)が、鰹のたたきにはマヨネーズベースのソースが乗せられていました。仕入れに左右されるんでしょうが、一品目の印象からするとちょっと残念かな。



穴子の骨の印象がとても良かったですので、穴子の一本揚げを注文。
IMG_1859.jpg

結構しっかり目に揚げられています。ちょっと癖がありますがワイルドな味わい。僕は好きなほうですが、合う合わないが分かれそうな味わいでした。



ふと目を上にやると、厨房の隅にぶら下がっている旨そうな魚たちを発見。鯖のみりん干しと目刺です。こういう風に吊るされているのって経験上外れがないんだよなぁ、と思いながら鯖を注文。

少し炙って出していただきました。
IMG_8032.jpg

そのまま食べるとみりんの甘さが強く感じましたので、大根おろしの上から醤油をかけて食べる事に。思った通り丁度良い味わいになってくれました。ご飯と一緒に食べると、更にうまいんだろうなぁ。



日本酒は、郷の誉(茨城)と宝剣(広島)の新酒の2つ。いずれもすっきりとした味わいでした。他には、立山・八海山・獺祭にごり・美和桜などがあったかな。



隠れっぽい雰囲気の中、ご店主と話をしながら一杯やりたい方にはオススメのお店かなと。

ごちそうさまでした!!

(2011.2)

お店のデータ

広島市中区立町3-23
0822413871
17:00~23:00
定休日:未確認
この日のお会計生ビール2・日本酒4と料理で6000円ぐらい。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック