2011年03月13日 (日) | Edit |
※今日からブログは通常運営します。


↓記事本文はここから


安佐南区八木にある『庄原産直市』に初めて立ち寄った。



話はよその方向にすっ飛ぶが、僕が新人営業マンだった頃、初めて担当した物件が八木の新築分譲マンション。

当時は右も左も分からない坊主だったので、やらされる事といえば「飛び込み営業」オンリー。朝10時~夜9時までびっちりと。

僕の担当エリアは「別所団地」と呼ばれるエリアで、住居表示で言えば八木6丁目だ。ここにある賃貸マンションと県営住宅が僕の担当だった。

坂道があるエリアだったので、重たいカバンを持って坂道を上り下りしながら、建物から建物へと移動。県営住宅は5階建てでエレベーターがないので、これまた重たいカバンを持って上へ下へ移動。結果はすぐには出なかったけど、僕にとっては原点のような場所だ。



10日ほど経ちほぼ全ての家を回り切ったので、八木4・5丁目辺りにもエリアを広げて飛び込み営業をしていた。

お昼ごはんは色々な所で食べたが、割と多く通ったのが八木第4踏切を渡った所にあるお好み焼屋。JAの近くになるのかな。

店名は覚えていないが、おばちゃんの焼くお好み焼は旨かった記憶がある。



この度訪れた『庄原産直市』は、このお好み焼屋のすぐ近く。

あぁ、懐かしい場所だなぁ。
前は何があったっけ。思いだせないなぁ。

駐車場に車を停め店内に入るまでの僅かな時間、走馬灯のようにあの頃の記憶が蘇った。



さて本題。

ここではデコポンの姉妹品種『はるみ』を買ってみた。
※清見(温州みかんとトロビタオレンジの交配)とポンカンの交配により『はるみ』は出来たとの事。
※庄原産かどうかは分からないけど。

2011021108240000.jpg


小振りではあったが、10個ほど入って350円なら普通のみかんを買うよりも良いかなと思った。

朝食として食べてみたが、皮がとても薄く、そのせいかちょっと剥きにくい。身はプリッとしていて、嫌味ではない酸が甘さを引き立てる。

初めて食べたけど、なかなか良いね。次見つけても買うだろうな。

そうそう、庄原産コシヒカリの玄米が5キロで2,000円だった。ちょっと興味あるなぁ。今のお米が切れたら試しに買ってみようかな。


お店のデータ
庄原産直市
広島市安佐南区八木5-4-5
082-873-7700
営業時間・定休日:未確認
はるみ 350円


その他の日々の事に関する記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック