2011年02月23日 (水) | Edit |
※2016.5胡町に移転確認


1月5日に「ふうらい房」で会った、笑顔が素敵な若い二人がやっている鉄板居酒屋『和屋』に行ってきました(二人に会った時の様子)。

お店は「ふうらい房」と同じフロア。何と目の前にあります。

2011020120270000.jpg

店内は白熱色の照明と木を多用した造りで、温かい感じ。お店を切り盛りする若い二人(多分、夫婦よね?)も僕たち夫婦を温かく迎えてくれました。

客席はカウンターとテーブルの2種類。僕たちが訪れたときには鉄板前の特等席が空いていましたので、ありがたく座らせてもらいました。



ここは鉄板居酒屋と言う通り鉄板焼きメニューがメインですが、本日のオススメという事で、魚介メニューも揃えられています。僕たちが訪れた日は舌平目や牡蠣、烏賊などがありました。

まずは突出を選ぶように言われ、メニューが提示されました。

2011020120310000.jpg

この中から一人二品選ぶシステムのようで、僕たちはいくらおろし、水菜のお浸し、ポテトサラダ、大根と鶏肉の煮物(これはメニュー外だった)を選択。

2011020120360000.jpg

こちらのご店主は「にかいのおねぎや笹木」(こんなお店)のご出身で、水菜のお浸しの味付けに、そのテイストが色濃く反映されていたように思えます。



注文した料理はこんな感じでしたよ。

卵とねぎの挟み焼。卵とねぎって好相性だなと確認させられる一品。

2011020121120000.jpg



安芸津産牡蠣のバター焼。牡蠣の名前をおっしゃられていたけど失念。プリッとした身質でさわやかな牡蠣の旨みが広がります。なかなかの旨さ。

2011020120480000.jpg



幻霜ポークと太もやしの炒め物。使われているのは幻霜ポークのバラ肉だったかなぁ。はじき返すようなピチピチ感とサクッとした歯応えが印象的でした。

2011020121250000.jpg



黒豚餃子。餡は甘めでサラッとしています。皮はモチッとしたタイプ。こちらもなかなか旨い。

2011020120450000.jpg



ホルモン味噌炒め。新鮮なホルモンなんでしょうね。香りが良い!

2011020121030000.jpg



ガーリックライス。サラサラになるまで炒めて下さいました。もう少しガーリックが利いていても良かったかな。

2011020121420000.jpg


この日食べたものの中では、牡蠣とホルモンが良かったです。ホルモンは塩コショウで食べてみても良いかも。



日本酒は宮城の金龍。これって一の蔵が作っていたんですね。知らんかった。。。綺麗な飲み口で後口がポワンと甘いお酒でした。

2011020120490000.jpg

竹鶴の熱燗も飲んだなぁ。いつものグッと感がなかったですが、それなりに旨いお酒でした。



口直しのお餅。餡は入ってたかなぁ。。。覚えてなくってすみません。旨かったですよ。

2011020121540000.jpg


僕たち以外は常連さんばかりでしたが、常連さんが付いていると言う事は良い事ですね。だからと言って一見を排除するような雰囲気もなかったですし。

これからも笑顔を絶やさず頑張って欲しいなと思います。

ごちそうさまでした!!!

※次行ったときには、もっと和のメニューを頼んでみようかな。

(2011.2)


お店のデータ
和屋(わや)
広島市中区銀山町11-12 アップトーンビル2階
0822490370
火~土:18時~翌5時
日:18時~24時
定休日:月曜日
この日のお会計:8,000円ぐらい


その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
昨夜はどうもでしたー
今日は久々に痛烈な二日酔いでした。笑
色々混ぜて飲んだのが悪かったのかなー

ねこおやじさんからoominさんは僕と同世代と聞いていたので、
そう思い込んでいたんですが、
僕よりちょっと先輩だったんですね。

楽しい時間をありがとうございました!
また飲みましょう~

奥様にもどうぞよろしくです!

2011/02/23(Wed) 16:54 | URL  | 増井 #1wIl0x2Y[ 編集]
増井さんへ
いやぁ~、昨夜は飲みましたねぇ。楽しかったです。
僕は1時位に帰りました。朝は9時頃に起きましたが、まだ酔ってましたよ(笑)。

また飲みましょうね。
2011/02/23(Wed) 21:58 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック