白目をきれいに
2011年01月27日 (木) | Edit |
日本マクドナルドの創業者で藤田田という人がいた。

※日本トイザらスの創業者でもある。

彼が書いた本を10年以上前に購入し数年前まで持っていたのだが、現在は手元にない。

タイトルもはっきりと覚えていないが、「Den Fujitaの商法」という題名だったと思う。

本の内容はうろ覚えだが、記憶に残っていることと言えば「マクドナルドのマークはなぜ黄色と赤なのか?黄色は注意、赤は止まれ、だから。」とか、表紙の著書名の横に「デンと発音してください。」と書いてあった事。

あ、それと「飲食業は女性を狙わないと繁盛しない。」的なことも書かれていたと思う。

女性は気に入ったお店を見つけたら、友人や彼氏、家族を連れてくるからというのが理由だったと思う。

※古い記憶なので、ニュアンスがあっていればOKとさせて下さい。



確かに今でもそれは言えるかしれない。

僕の知っている女性達(職場やプライベート)は本やフリーペーパー、ネットなどで琴線に響くお店を見つけると、まずは複数人で行ってみる。

そのお店が気に入れば、また違う友人を連れてそのお店に行く。

なぜか彼氏や旦那さんとは一緒に行かないみたいなんだけど(笑)。



なぜこんな事を思ったかと言うと、ほぼ男性客のみで、しかもおじ様方がメインの客層にも係わらず、いつも賑わっているお店に行ったから。

それが今回ご紹介する「喜よし」というお店だ。



中区中町の広島テレビ正面玄関の向かい側。

スペイン料理の「IDEMOTO」というお店が入っているビルの2階に、このお店はある。

2011011112220001.jpg


ビル1階のテナントの横を通り、薄暗いエレベーターホールに入るとお店への誘導看板が出ている。

2011011112220000.jpg

それに従い、階段で2階に上がるとお店の入口がある。



店内は厨房、カウンター、座敷という構成。

そんなに広くない。

2011011112000000.jpg

ご夫婦お二人で切り盛りされていて、僕は9年ぶりの訪問だったのだが、以前と変わらない印象のお二人が忙しそうにされていた。



料理何を食べても、大体旨い。

お昼は日替わりオンリーなので、座ると何も言わなくても定食が出てくる。

この日の日替わりは豚カツだった。

2011011112090000.jpg



豚カツは横:20cm×縦:5~7cmで厚みは2cm程のロースが使われていて、割と柔らか目の肉質で肉汁もそれなりに湛えている。

2011011112110000.jpg

添えられた芥子と器に入っているソースを交互に使いながら食べ進めたが、いずれも旨かった。

味噌汁はエノキと白菜がメインの具材だったが、蟹から出たと思われる出汁が感じられ、ちょっと得した気分に(笑)。



肉の定食でこのボリュームなら魚だったらどうなるんだろう。

次回の訪問が魚の時に当たるように、今から祈っておきたい。

ごちそうさまでした!!!


※美味しいお店を知っているのは女性だけではない。おじ様方だって知っているのだ。


※ちなみに、僕はまだ「おじ様」という年齢には達していないぞ(笑)。念のため。

(2011.1)


■お店のデータ
喜よし
広島市中区中町5-16 2階
0822411298
11:30~13:00
夜営業・定休日:未確認
日替わり840円


■喜よしの訪問記
喜よし2(2012.9)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック