白目をきれいに
2011年01月22日 (土) | Edit |
席の横に貼られている掲示物。

風化したはずの記憶が、それとリンクしました。



何年前だったか覚えていませんが、小さなかわいいおばあちゃんがやっているうどん屋がTVで紹介されていて、そのお店は確か香川県にある讃岐うどんのお店。

一玉で何十円という安さなんですが、旨いと評判。

お店の名前は覚えていませんし、この番組を見たこと自体、忙しい日々の中で風化した記憶の一つでしかありませんでした。



この記憶が色を帯びて蘇ってくるとは思いもよらず、西区井口にある讃岐うどん店『香房』を訪れました。

2011010411210000.jpg

ツイッター上で旨いと評判のお店ですが、僕は念願かなって初めての訪問。



席に置かれていた札を見て、これがお店のおすすめなんだろうなと思い、かしわ天湯だめうどんを注文。

2011010411240000.jpg

こちらのお店は中盛(1.5玉)は無料、大盛(2玉)は+80円というお得振り。

お腹が空いていましたので、ついつい大盛をお願いしました。



うどんは注文を受けてから茹でるようで、少々時間がかかるみたい。

僕が訪れた時は7~8分程掛かったかな。

その間、メニューを見たり店内を眺めたりしていましたが、ふと、席の横に掲示されていた記事に目が留まりました。

「るみばあちゃん」がやっている「池上製麺所」の記事。そこで修業をされたのが『香房』の息子さんとの事。

「るみばあちゃん?・・・ あぁ!」

この瞬間、記憶と記憶が色を帯びて蘇りました。

記憶や経験が思わぬところで繋がる。面白いもんですね。



さて、かしわ天湯だめの登場です。

2011010411320000.jpg

中心にほんのわずかだけ芯を残す茹で加減。

ムチッと感や弾力は程良く、ツルツルッと食べられるうどん。

なかなか旨いです。

2011010411320001.jpg

難点は、うどん1本1本が長いですのでツユにつけにくい事かな。



かしわ天は胸肉ですがパサパサではなく、肉汁を上手く閉じ込めています。

レモンを振ってパクッといただいても旨いですし、ツユにしばらく浸して食べても旨かったです。

2011010411330000.jpg

大盛2玉のうどんとかしわ天5個をふぅふぅ言いながら完食(苦笑)。



次回は冷たいのでうどんのコシを楽しんだり、おでんとビールで始めて地鶏親子丼とミニうどんのセットを食べたり、と色んな楽しみ方をしてみたいです。

あ、ちく天(ちくわの天ぷら)もしっかりと食べてみたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2011.1)


■お店のデータ
香房(かぼう)
広島市西区井口明神2-1-19
0822761388
11:15~14:30
17:45~21:00
定休日:不定休
かしわ天湯だめうどん(かしわ天5個)650円 大盛(2玉)80円


■香房の訪問記
香房2(2012.2)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック